臨月を迎えてそろそろ出産を迎える妊婦の方は、陣痛や出産の痛みについて戦々恐々としているかもしれません。

すでに出産を経験をした友人からは「鼻からスイカは本当だった・・・」みたいな話も聞いていることでしょう。

そこで、陣痛の痛いがどんな感じなのか実際に経験した人の口コミをまとめてみたので紹介します。

本陣痛ってどんな痛み?

本陣痛の痛みは人によって表現はさまざまですが、「鼻の穴からスイカ」みたいな言い方をする方が多いですね。

最初のうちはお腹の張りや痛みを感じ、それが規則的になってきたら本陣痛の始まりです。

本陣痛が始まると生理痛、下痢の時の腹痛のような痛みの波がやってきます。最初のうちは間隔もあるため、痛みがないときは食事をしたり立って歩いたりリラックスする余裕もあります。

陣痛の間隔が短くなってくるとお産が近づいてきて赤ちゃんも下に下がってきて、痛みを感じる場所も下がってきます。

赤ちゃんが産道を通るのに押されるように下腹部を中心に腰から足の付け根、恥骨のあたりまで痛くなってきます。

このときの痛みは

「生理痛の100倍」
「鼻からスイカが出る痛み」
「男性ならショック死する」
「下痢の1000倍痛い」
「やけ火鉢を突っ込まれた感じ」
「腰が砕ける」
「ハンマーで腰を内側からガーンガーンと殴られるみたいな痛み」

ネット上の口コミを拾ってみると

 


生理痛や下痢を我慢したり便秘で踏ん張るときの痛みに例える方が多いですね。

 

まとめ

切られても気づかないくらいの痛み、想像つかないくらいの痛みなど、人によって表現はさまざまです。こんなこと書くと初産婦の方は怖くなるかもしれませんね。

でも陣痛とは出産に必要な子宮の収縮ですから、もうすぐ赤ちゃんと会えるサインです。痛みは敵ではなく、出産を助けてくれる味方です。

「怖い」「痛い」とネガティブに考えるよりも、こうしてポジティブに考える方が痛みも感じくくなるそうです。

The following two tabs change content below.