看護師 転職

『退職金って貰えるの?!』

もらえるものをもらえずに辞めてしまうのはもったいないですが、病院の条件や働いた期間などのによって人それぞれもらえる額も本当にもらえるかも違ってきます。

ただその相場や平均、正しいもらい方は把握しておいた方がベター。万が一もらえなかったら損しちゃいますからね^^;

それを踏まえて看護師の生の情報をご紹介しますね!退職金をしっかり貰って、有利な転職をしましょう^^

退職金とは?もらえる人ってどんな人?

そもそも退職金をもらえる人はどんな人なのでしょうか?

少し細かく見ていきましょう。

退職金とは?

退職金とは、病院側が用意している福利厚生で行っている退職金制度のことです。

退職した職員に支払われる手当で、別名『退職手当』『退職慰労金』とも呼ばれています。

退職金はどんな人がもらえるの?

通常の病院であれば、退職金制度があり3年以上働いていれば貰えることが多いです。

ただ退職金は病院の福利厚生であって義務ではないので、規模の小さな病院やクリニックや医療施設などの就業規則が整っていないところでは貰えないこともあります。

その他にも病院は、社外積立制度や退職共済で退職金を準備しているところもあります。

ただこれも病院によってなので、一度退職金が貰えるかどうかは病院側の就業規則や総務に確認した方がいいです。

退職金っていくら位もらえるの?相場と平均は?

退職金は病院の経営状態や勤続年数によって大きく違いがあります!

その違いを見てみましょう^^

国立病院の相場

看護師 退職金
国立病院は他の病院の相場よりいいと言われていますが、これだけもらえたら老後も安泰ですね(笑)

一般の病院は就業規則によって違ってくるのでチェックしてみてください!

勤続年数別の退職金相場

実際に転職する時は、勤続年数の相場を確認しておきましょう!

看護師の退職金は、勤続年数3年未満より、3年以上のになると倍近くまでなることも。

退職金が違ってくるなら1年頑張れるなれば頑張るなど、転職のタイミングの判断材料にしてみてください。
看護師 退職金
勤続年数3年未満では、退職金なし!ということもあるので、
どうしても退職したい場合は退職金はあきらめた方がいいかもしれませんね><

退職金の計算方法は?

それでは退職金の計算方法を確認して、自分の退職金を実際に計算してみましょう^^

病院の就業規則によって変わるので、計算式も病院に確認してみてくださいね。

看護師の退職金の計算方法は大きく分けて3パターンあります!

・パターン1 基本給料×勤続年数

基本給が23万円で3年勤続した場合は、23万円×3年間=69万円の退職金が貰えます。
・パターン2 勤続年数×固定金

固定金とは、病院側が決めた金額のことです。

なので、病院に確認が必要ですね!
例えば、病院側が決めた固定金が8万円なら、8万円×勤続年数3=24万円となります。

・パターン3 基本給×勤続年数×功績倍率

病院に対する功績を見てくれるので、退職金のもらえる額が一番大きくなります。
ただ注意しなくてはいけないのが、功績倍率は病院が決めるので評価が悪いと逆に下がってしまうことも!

この辺はちょっと怖いので、上司にゴマをするか?!注意が必要ですね^^;

計算は、基本給23万円だとして、勤続年数3年、功績倍率は1.3とすると、23万円×3年×1.3=89.7万円です!

・パターン4 勤続年数で病院が退職金を定めている

一言で病院が定めているといっても様々な形態があります。

例えば…。
・勤続年数3年=30万円、10年=100万円
・勤続年数3年×基本給×30% などです。

計算方法は病院によって様々なので確認が必要ですが、できるだけ多くもらいたいものですよね!

とはいえ最初の就業規則で決まっているので、功績倍率のある病院以外は退職金を変えることはできません。

もし次転職するときは、退職金をチェックしてから転職したいものですね^^

勤続年数4年で転職した私の友人の場合…。

わたしの友人も看護師の転職を2度経験したので、退職金をもらいました。

ただ友人の場合は…。なんと手渡しで1万円のみでした…><

貰った時は唖然として嘘でしょ!?と思いましたが、意外とそういう病院も多いようです。

転職するときにきちんと確認した方がいいですね。

だいたいこういう病院は労働条件も悪かったりもするので、転職の一つの目安になるかもしれません^^;

とはいえ、やっぱりお金が欲しい!という方は…。

退職金は最初の就業規約で決まってしまっていますが、看護師転職サイトを使って転職すると『お祝い金』や『再就職手当』などがもらえたりもします。

多いところでは、転職するだけで12万円もらえるところもあるんですよ!退職金と合わせると結構いい額になりますよね!

もし、転職でお金が欲しい!お金がピンチ!という人はチェックしてみるといいかもしれませんね^^

看護師の退職金のもらい方とは?!まとめ

退職金が貰える目安としては、3年勤続したかどうか?

申請しないともらえないこともありますし、しっかり自分はいくら貰えるのか自分で計算してみましょう。

それに合わせて、失業保険や転職サイトからの再就職金やお祝い金をチェックしてみると、お得に転職できます。

看護師 転職

ただ病院によって規定が違うので、退職を考えるときや転職するときはチェックが必要ですね!

まずは把握するところからですね^^


参考までに看護師求人サイトをランキングにしたページを紹介しておきます♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
chika
chika
主に医療系・薬剤関連記事担当。看護師の友人がサービス残業を嘆いていた事から医療や看護施設の現状に興味を持ち情報収集を開始,発信している,おはぎが大好物な女の子♪