以前はよく目にしたけど、最近は歩いているとごくたまに目にする大きな牛乳瓶のようなグレーの細長い丸いもの。
爆発すると家事になっちゃうかも…
私にとって、プロパンガスはそんなイメージがあります。

最近は見かけませんが、小さい頃はこのガスボンベを何個も積んだ軽トラックをよく目にしました。
知っているようでよく知らないプロパンガスって一体何なの?と思い調べてみました。

プロパンガスとは何?

プロパンガスとは、天然ガスのひとつであるプロパン・ブタンを主成分とする液化石油ガスで、お料理したり、お風呂を沸かしたりする時に使っているあのガスのことです。

そんな身近なプロパンガスは、火力発電の燃料のひとつでもあるんです。

スイッチをひねればすぐに使えてしまうので、ガスのことってあまり気にしないですよね。

近年都市ガスが主流ですが、(地域にもよります)都市ガスとの違いやプロパンガスの種類について見ていきたいと思います。

プロパンガスとLPガスの違いは?

LPガス

LPガスという文字も目にしたことがあると思いますが、LPガスはプロパンガスのことなんです。

よーく思い出すと、グレーの細長いガスボンベの表面に赤い文字で『LPガス』って書いてあるんですよね。(^_^;)

Liquefied = 液化された
Petroleum = 石油
Gas   = ガス

プロパンガスを英訳した頭文字をとって『LPガス』です。

『LPガス』や『LPG』と表記されます。

都市ガスとの違いは?

都市ガスとプロパンガスの違いは、大きく分けると「重さ」「原料」「供給方法」「料金」になります。

「重さ」や「原料」はあまり気にならない私ですが、「供給方法」と「料金」は大いに気になります。

「供給方法」というと難しく聞こえますが、要はどうやってガスを使っているかということです。

自宅の裏や横に大きなガスボンベがないという人は、都市ガスで生活しています。

プロパンガスは、ガスボンベを配達して供給しています。

「原料」は、都市ガスがメタンを主成分とする天然ガスなのに対して、プロパンガスは、プロパン・ブタンを主成分とする液化石油ガスになります。

1番気になる『料金』ですが、都市ガスは公共料金のひとつなので、勝手に料金を決めることはできませんが、プロパンガスは、自由料金制なので販売店の提示した金額を支払うことになります。

原料が高くなれば、それに伴いガス料金も上がることになるんですね。

ニュースで「原油が高騰した」と耳にしませんか。

そんな時はガス代が上がってしまう可能性が非常に高いんです…。

あまりにも高額な料金であった場合、プロパンガスの販売会社を変えることも出来ます。

検討したい場合は、複数の販売会社から見積もりを取って比較することをおすすめします。

プロパンガス(LPガス)には種類がある

プロパンガス(LPガス)にはプロパンガス、ブタンガス、オートガスという3つの種類があります。

プロパンガス

プロパンガスは、火力が強いので家庭用のガスとして使われています。

ブタンガス

ブタンガスは、火力が弱く安全性が高いのでガスコンロやライターなどに使われています。

オートガス

プロパンガスとブタンガスの混合ガスがオートガスです。
自動車燃料のひとつで、タクシーのほとんどがオートガスを燃料としているんです。

プロパンガス(LPガス)の特徴

プロパンガスにはどんな特徴があるのでしょうか。

容易に液体になる

圧縮されて常温では液体で可燃性があります。

持ち運びもガスボンベに充填して液体として運ばれます。

プロパンガスにはにおいがある?!

プロパンガス,臭い

プロパンガスには、微量の硫黄系の化合物のにおいがあります。

プロパンガスは本来無臭ですが、万が一ガスが漏れた時に危ないため、ガス会社がわざと臭いをつけているんですね。

無臭のままでガス漏れをしてて気付かなかった…なんて想像するだけで怖いですよね。

ガス漏れ時のあのガス臭さは、私達を危険な状況から守ってくれているんですね。

プロパンガスの重さって?

プロパンガスは、分子量の違いで都市ガスや空気より重いんです。

ガス漏れ時の警報機は、低い位置で設置するべきですね。

プロパンガス(LPガス)を利用するメリット

当たり前のように都市ガスを使って生活している人も多いと思いますが、住んでる地域によってはプロパンガス(LPガス)を利用している人もいます。

プロパンガスを利用するメリットはどんなものがあるのか気になったので見てみると…

発熱量が高い

プロパンガスは、発熱量が都市ガスに比べて2倍ほど優れているんです。

2倍っていうのはちょとすごいですね。

たまに飲食店などの裏手にプロパンガスのガスボンベを見かけますが、火力が強いから料理に向いているのかもしれませんね。

復旧が早い

プロパンガス,復旧

配管が短いので点検に時間がかからず、大丈夫ならすぐに使えて復旧が早いので災害時に非常に役立ちます。

※ 地震対策 ※
プロパンガスのガスメーターには、地震が起きると察知するセンサーが組み込まれているんです。
ガスを利用している時に、震度5以上の揺れを感じると自動的に遮断されるので大事故を防ぐことができます。

田舎など、どこでも設置できる

プロパンガスは、ガスボンベを配達して配給するシステムなので、ガス管が通っていない田舎などどこでも設置ができます。

プロパンガス(LPガス)会社

プロパンガス会社は、全国の各地域に数多くあります。

プロパンガスは、都市ガスと違って物品販売なので自由料金制のため料金がバラバラなんです。

なのでプロパンガスの価格は、契約した販売店によるので見積もりを取って比較しない限り、どこが安いのかということは分からないんですよね。

賃貸物件だとすでに決められたプロパンガス会社だったりするので、疑問に思ったら交渉の余地ありです。

まとめ

毎日の暮らしで使っているガス。

プロパンガスが何なのか?について、疑問に思った方の参考になれば嬉しいです。

  • プロパンガスと都市ガスとの違い
  • プロパンガスのメリット・デメリット
  • ガスの節約方法

などもさらに詳しくご紹介していきたいと思います。