疑問お兄さん

に残るニキビ跡消す方法とは?


男性・女性問わずニキビは美容の大敵と言えます。

顔や背中にニキビがポツポツできてしまうと気分が下がってしまいますよね。

そしてスキンケア商品を使用してキレイに治したつもりがニキビ跡になってしまい…なかなか肌の悩みが解消できない人も多くおられます。

今回はそんなニキビ跡の治し方を色んな文献を参考に見ていきたいと思います。

不快なニキビ跡を消す方法を見ていきましょう(^^)

<ページ概要>

  • ビタミンCを多く摂取する
  • 知名度の高い化粧品や美容液を使用する
  • 生活習慣を改善し食べるものに気をつける
  • エステやクリニックでしっかりケアをする
  • 皮膚科に通い専門家に治してもらう

リプロスキン

ニキビ跡を消すにも,人の肌質や炎症の酷さによってケア効果も方法も変わってきます!

ご自身に合った方法を見つける参考になれば嬉しいです!


スポンサードリンク




ニキビ跡が肌に残る原因は?

まず最初に,なぜニキビ跡が肌に残ってしまうのか?

その原因を見ていきましょう。

ニキビの炎症がひどかったから

ニキビと言っても小さなポツポツの場合や炎症がひどく痛みを伴うモノまで様々です。

黒ニキビや白ニキビと言った小さなニキビの場合あまり跡は残らないですが,炎症がひどいと毛穴周辺の皮膚組織に傷が付いてしまい(触れないように気を付けていたにも関わらず)ニキビ跡となってしまうのです。

毛細血管や皮膚内部の細胞がダメージを受け傷が付くことによってニキビ跡として肌に残ります。

自分でニキビに触れて潰してしまうから

ニキビができて気になってしまい頻繁に触ったりガリガリと潰したりするのもニキビ跡として残る原因です。

人の手にはいつの間にか細菌が付着して増えていきます。

ニキビにより損傷を受けた肌の周辺部をベタベタ触ってしまうと,皮膚の内部に細菌が侵入し,炎症の悪化を起こしニキビ跡ができてしまう原因にもなってしまいます。

また軽い症状である白ニキビや黒ニキビでも,頻繁に触ったり,ついつい潰してしまう事でバイ菌が入り込み炎症がひどくなってしまう可能性があります。

ニキビを触る⇒バイ菌が入る⇒炎症が悪化しニキビ跡として残ってしまう原因になり得ます。

クレーターの原因は?

ニキビ跡の1つに皮膚が凸凹になる「クレーター」と言う症状があります。

クレーターが発生する原因はニキビの炎症がひどく,新皮質と呼ばれる肌の奥深くにまで損傷を与えるからと言われています。

その損傷から肌を守るためにコラーゲンが過剰に作られる事により,肌質のバランスが崩れクレーターとなってしまうのです。

ニキビ跡を消す方法は?

触らないように気をつけていたのにニキビ跡ができた!

ついガリガリと潰して赤い炎症あとが肌に残ってしまった!

と肌ケアに悩む人がニキビ跡を消すにはどのような方法があるのでしょうか?

ニキビの治し方を4つ紹介します。

消す方法①~ビタミンC配合の化粧品を使用する

ビタミンC配合のスキンケア商品
ニキビ跡を消す方法としてビタミンC配合の化粧品やローション,クリームと言った市販商品を使用する事が挙げられます。

ニキビの炎症によって受けた細胞の損傷を修復するためにニキビ跡の周辺は毛細血管が通常より開いています。

血の循環を多くして炎症前の肌質に回復させるために周辺の皮膚細胞は作動しています。

そこにビタミンC配合の化粧品などで栄養成分の補給やコラーゲンを与えて皮膚細胞の修復作業を補助するのです。

ビタミンC配合のニキビケア商品は多く販売されています。

…が「ニキビ跡」に特化したスキンケア商品はあまり市販されていないという現状があります。

もしニキビ跡を消すための市販商品が欲しい場合は薬局の店員さんに聞いてスキンケア効果があるモノを選びましょう。

ニキビケア商品だからと言ってニキビ跡に効果があるかはわかりませんからね(^^;)

ニキビ跡にケア効果がある商品は通販で?

リプロスキン 口コミ
上記でニキビ跡に特化してスキンケア効果がある商品はあまり市販されていないと紹介しましたが通販には「リプロスキン」という化粧品があります。医薬部外品で高いスキンケア効果がある化粧品でニキビ跡ケアランキングで1位を獲得するなどの実績もあります。…と言っても実際に手にとって使ってみたりどんな匂いかを嗅いでみたりと…試すことができないので即購入も躊躇われますよね(^^;)

そこで,実は元ヴィジュアル系であり化粧しまくりで肌が傷んでいた私がリプロスキンを実際に使用してニキビ跡がキレイになるかどうか試したページがあります。

リプロスキンの詳細を知りたい人はそちらも参考にしてくださいね(^^)

消す方法②~生活習慣を改善し食べるものに気をつける

寝不足や不規則な生活,仕事などのストレスは神経系の乱れ・体内の細胞バランスが崩れニキビができてしまう原因になります。

そういった状態では肌の炎症を抑制するためにスキンケアをしたとしても,なかなかニキビ跡を消す事ができないという事態が発生してしまいます。

規則正しい生活や栄養バランスの良い食事を普段から心掛ける事もニキビ跡を消す有効な手段です。

…ニキビケアに限った話ではありませんけどね(^^;)

ビタミンC配合の化粧品などを使用しながら生活習慣の改善と栄養素のある食事を取ることもおすすめできるニキビ跡の治し方です。

<食べ物例>
・野菜ジュース
(代謝向上の効果があるビタミンEなどが含まれている)

・トマトジュース
(抗酸化作用があるリコピンが含まれている)

・ヨーグルト
(乳酸菌によって腸内環境を整える事でニキビ予防が期待できる)

ビタミンCで期待されるスキンケア効果とは?

ニキビ跡だけでなく身体の各部位の肌にスキンケア効果があるビタミンCという成分ですが,どんな効用が実際にあるのでしょうか?

主なスキンケア効果として
・肌の炎症を抑える
・過度な皮脂の分泌を抑える
・美白作用効果が望める
・シミの原因となる活性酸素を中和させ発生を防ぐ

といったスキンケア効果がビタミンCにはあります。

ただビタミンCという栄養素は体内で生成することができない成分なので配合されている化粧品と食品を摂取し,体内と体外の両方からニキビ抑制を行いニキビ跡を消す生活習慣を実施しましょう。

消す方法③~エステやクリニックでしっかりケアをする

エステやクリニックでスキンケア
エステやクリニックでしっかりスキンケアするのも当然おすすめできるニキビ跡を消す方法です。

赤い炎症のニキビ跡はともかく肌の凸凹となるクレーターが発生した場合,自分でケアして治癒するのは難しいので,エステやクリニックで高いスキンケア機器と栄養分を肌にしっかりと含ませて消していくのをおすすめします。

エステなどで使用されているスキンケア機器で”真皮層”や”基底層”と言った肌の深部にまでケア成分が浸透させ肌をキレイに治癒させていく事が可能です。

…が当然お値段は上記のセルフケアよりも高額なので,ニキビ跡がひどく自分では治す事が難しいという人におすすめの方法です。

エステやクリニックの料金も場所によって違うので口コミや評判と合わせて検討したいですね(^^;)

消す方法④~皮膚科に通い専門家に治してもらう

当然の事ですが,皮膚科に行きスキンケアの知識が豊富なお医者様にしっかり見てもらいクスリを配合してもらうのもおすすめなニキビ跡を消す方法です。

皮膚科という専門家に見てもらうのがおすすめなのは当たり前だと思いますよね(^^;)笑

ただニキビ跡を消すために皮膚科にまで行くのをためらう人もおられます。

なぜそんな事が言えるのか?

私の友達がそうだったからです(^^;)

昔から肌質が弱く顔の輪郭ラインから頬に掛けて赤いニキビの炎症が発生してしまう友人で,例えブツブツが収まったとしてもニキビ跡が残ってしまう体質でした。

ただニキビ跡ぐらいで皮膚科に行くのをためらっていた友人でした。

…が最近お付き合いする相手ができたらしく赤いニキビ跡を皮膚科に行ってちゃんと診察してもらい有効成分が配合された塗り薬を2週間程度,使い続けていると…

確実に赤いニキビ跡が薄くなりキレイな肌色に戻りました(^^)

皮膚科に調合してもらった薬品の成分表は見せてもらってませんが「ビタミンC誘導体」や「コラーゲン」「プラセンター」といったスキンケア成分が含まれているのでは無いかな?と思います。

肌の状態により出される塗り薬も変わってくるので皮膚科に行ってきちんと診察してもらうのもおすすめのスキンケア方法です。

また炎症の度合いやクレーターなどの改善方法としてレーザー治療を取り入れている皮膚科も多く見られます。

市販のクリームでは全然ケア効果が無いという人はニキビ跡を皮膚科に見てもらい,肌の状態を考慮しながら効果的に消す方法がおすすめです。

まとめ~ニキビ跡を消す方法

今回はニキビ跡を消す方法を見てきました。

小さな赤いニキビ跡はビタミンC配合のケア商品などでセルフケアできるかもしれませんが,長期に渡って残っている跡やクレーターは自分で元通りに治療していくのは困難です。

その場合は皮膚科やエステに行き現代医療の恩恵に乗っかるという治療法がおすすめです。

また前半部分で紹介したニキビ跡を消す方法も1つだけでなく,組み合わせながらスキンケアしていくのが理想的です。

風呂上がりにトマトジュースを飲みながらビタミンC配合のスキンケア商品を塗るのも効果的でしょう。

自分にできる肌ケア方法でニキビの炎症を抑制し,ニキビ跡を消す事ができれば良いですね(^^)

自分に合ったスキンケア方法や肌質を知りたい人は1度皮膚科でしっかり診察してもらいましょう。

スポンサードリンク



参考①~スキンケアはこまめに行なう

スキンケアは当然ですがこまめに行なう事で肌ケア効果が望めます。

上記で紹介したリプロスキンやドモホルンリンクルなど知名度のあるスキンケア商品でもこまめにしっかりとケアを行なっていく事が推奨されています。

ニキビ跡を消すためだけでなく,キレイな肌を保つためには継続が必要なのです。

できれば毎日,風呂上がりや寝る前などに肌に染み込ませるようにしっかりと使用する事が大事なのです。

スキンケア効果の高い化粧品を購入して使ったとしてもすぐに肌がキレイになり潤いたっぷりになるものではありません。

皮膚が生まれ変わる期間(ターンオーバー)は年齢×1.5~2倍と言われており新陳代謝も時間が掛かります。

なので,なるべくこまめに肌ケアを実施して古い皮下組織を落とし肌細胞が活発になるように心掛けましょう。

良き肌は手間ヒマ掛けた分だけキレイに生まれ変わります。

…ただ有名化粧品の口コミにも多く見られるように…

面倒くさいですけどね(^^;)

頑張りましょう(笑)

参考②~皮膚科は保険が効いて料金が安い?

エステに通ってニキビ跡を消す人もいれば,有名化粧品を購入してスキンケアを行なう人もおられます。

ただ市販の商品ではスキンケア効果があまり感じられず,高い料金が掛かるエステではニキビ跡を消すためだと言えど戸惑ってしまいますよね。

そこで費用的に皮膚科でニキビケアを行なうのも良い選択だと思われます。

なぜなら保険が効くからです。

知識豊富な皮膚科の先生にニキビ跡を診察してもらい,自分の肌質に合ったクスリを配合してもらい保険料が差し引かれたクスリ代と診察料金を支払う。

皮膚科に行くなら,よほど目立つニキビ跡や炎症がひどくないといけないと躊躇われる人もおられますが,自分の肌質を把握するためにも1度行く事をおすすめします。

リプロスキン

※ちなみに…私の友人の中に全身にポツポツと赤い発疹ができたので皮膚科に行って診察してもらうと…かなりの金属アレルギーだった人がいます(^^;)

診察結果には驚いていましたが,それ以降は金属系のモノに気をつけるようになり発疹も治ったので,自分の肌質を知れて良かったと言っていましたよ。

The following two tabs change content below.
Saki
Saki
ラルクを愛す元ヴィジュアル系男子♪当たり障りの無い穏やかな性格で誰にでも満遍なく好かれる人格ビト。