幸せな結婚を果たしたつもりが残念ながら離婚してしまう夫婦も多数おられます。

今回は女性目線「妻はどんな時に旦那と離婚したいと思うのか?」

11の原因を探っていきます。

旦那と離婚したいきっかけ

旦那と離婚したいまず最初のきっかけはモラハラです。

モラハラ

モラルハラスメントの略称です。

最近は、テレビや雑誌などで取り上げられるため、認知度があがっている言葉です。夫婦間での別居や離婚の原因となっています。

DV(ドメスティックバイオレンス)が家庭内暴力として、モラハラ(モラルハラスメント)は、精神的な暴力として知られています。

DVの暴力と違って、モラハラは言葉で攻撃するために、見た目にはわかりにくいです。夫婦間の会話や日常的な行動のため、認識しづらいものになっています。

モラハラの加害者とはどんなひとなのでしょうか?

一般的には、自己愛が強い変質者といわれています。

以下のような特徴があったら、モラハラと認識して良いでしょう。外面がいいが、家では自分の思い通りにならないと不機嫌になる

上から目線で、妻をバカにしている人の気持ちを全く無視した態度をとる妻を無視する第三者の前で、妻の悪口を言う

まったく、ひどい態度です。

結婚する前と、後で豹変する夫もいるのです。こんな夫ではとても、幸せを感じる結婚生活はムリです。

モラハラ夫を変えるには何か方法があるでしょうか。

残念ながら、成人の価値観を変えるのは非常に困難なことです。長年の「日々の生活で蓄積されて構築された性格」を他人が変えることはできません。

離婚するにも、モラハラ夫相手では非常にキビシイ戦いをして別れることになるでしょう。

モラハラで離婚したい場合は証拠が重要!

モラハラで証拠になるのは、医師の診断書や日記です。

日時や場所、言われた内容などをメモしておきましょう。録音もあるとなおいいです。精神的苦痛を受け、カウンセリングを受けた時の医師の診断書ももらっておきましょう。

価値観の違い

離婚原因で、よくあるのが「価値観の違い」

価値観とは何でしょうか?物事の価値に対する、基本的な人の考え方をいいます。どうやって形成されるのでしょうか。

人のものの考え方は形成される要因,人が生まれ育った家庭環境や、社会環境に影響されて、形成されます。

自然と、価値観は子供の頃のどうやって育ったのか、影響が高くなります。人の意識の深層意識に与えられた情報です。

価値観が同じ人はいる?

同じ親、同じような環境で育った兄弟でさえ、価値観は異なります。

なので、性別も生まれ育った環境が異なる夫婦で価値観は異なるのは、当たり前のことなのです。

恋人同士では、多少の価値観の違いは気にならなくても…恋は盲目、気にならないのです。いざ、結婚して夫婦になると!恋の盲目の目が開いてしまって、見逃せなくなります。

夫婦同士、価値観のぶつかり合いのような状態になってしまうのです。価値観は、考え方でもありますから、時とともに変わっていくものでもあります。価値観が変わる時はあるのでしょうか。

一般的に、大きな出来事などがあると、価値観が変わってしまったりします。甚大な被害があった地震や災害、事故など。長い人生の間には、大きな価値観の変更があることがあります。夫婦関係を長く継続している人は、2人の価値観の違いをお互い尊重し合うこと、むしろ楽しむぐらいの余裕があるのです。

このことが、夫婦として継続していくコツともいえます。ただ、成人してしまった人は、価値観を変更することは困難です。外部要因で無理やり、変わってしまうことはありますが、自分から価値観を変えるというのは通常しないからです。

妻が、夫との価値観の違いをどうしても許せない、認められないといったときに人は一緒にいられなくなってしまいます。どうしても歩み寄れなくなった夫婦は離婚という選択をすることになるのです。

愛情の薄れ

結婚式で誓った2人の愛。

「健やかなるときも、病めるとき…その命ある限り、真心をつくすことを誓います。」

こんな誓いをたてて、はや数年。なぜか夫への愛情が薄れてしまった、妻。愛情はどこへ?毎日、毎日のマンネリの日々や、ささいなクセなどがキッカケで同じ空気を吸うのもいやになってしまったり。コミュニケーションの不足が一因だったりします。

忙しすぎる夫婦。仕事だったり、育児だったり。その都度、ちいさなすれ違いや勘違いを修正していければいいのですが、もう相手に何も期待しない…無関心になってしまうとなかなか愛情を持つことはできません。

好きの反対は、嫌いではなく無関心。

嫌いであるということでさえ、相手に関心があるということ。もう、関心すらなくなってどうでもよい存在になり、空気だったらよいのですが…。少しずつすり減っていった心が、戻らなくなったとき妻は離婚したいと思うのですね。

金銭感覚の違い

金の切れ目が縁の切れ目。

この世の中に生きていく以上、お金のことは重要です。愛情だけでは生きていくことはできません。

「お金の稼ぎ方」「お金の使い方」で、その人の人間性がよく見えてくるものです。浪費家でお金を使いすぎても、倹約家使わなすぎてもいけない…

このバランスを調節しながら夫婦の関係を続けていかなくてはいけないからです。夫婦で、この生活資金のバランスを話し合いながら決めていけばいいのですが。金銭感覚というのは、価値観の違いにも通じるものです。

日々の食費のことや、消耗品、家電などから、旅行、家の購入、子供の教育費。全ての消費行動を夫婦が納得して運営していくのは、難しいのです。

どちらが、夫婦の財布の手綱をつかむのか?

経済的主導権はどちらにあるのか。

主導権がとれないもう一方は従属的な服従をしなければいけないのか。まさに、権力争いなのです。

専業主婦である場合、共稼ぎである、パートをしている。自営業なのか、サラリーマンなのか、社長なのか。なかなか、人様の経済状況をうかがい知れない…

だからこそ、金銭感覚の違いは夫婦にとっては致命的。他人に相談しても、他人の家庭は、あまりわかってもらうことが難しい。

そのため、離婚の原因となることが多いのです。

婚前の期待

結婚という、人生最大のイベントには夢と希望があふれています!

当然、夫には期待がかかります。この期待が高すぎてしまうと、ハネムーンの時期がおわるころには…シンデレラの魔法がとけるように現実の生活にアレ?と感じるようになってしまうのです。

ここで影響しているのが「経済的理由」というのが現実にあります。

夫婦が、毎日生活していく上で、生活費。

・稼ぐ金額(収入)

・使う金額(支出)

・貯める金額(貯金)

専業主婦だと、夫の収入だけでやりくりするので、妻は十分なおこずかいがなくなります。

兼業の主婦だと、生活費の折半した額を決めなくてはいけません。夫婦は、家庭を運営していく、運命共同体になったのです。

実家暮らししか、したことがない人が結婚した場合…自分たちの稼いだお金を生活費で消えるということがジワジワと実感してきます。親元だと、生活するだけで、あらゆるお金がかかることをあまりイメージできません。

夫婦で暮らして初めて、生活全てにお金がかかることを理解します。妻が、結婚前と違い、あまり自由にお金を使えないことに気づく。

そうすると、この結婚、何か違うかも?と離婚したいキッカケになってしまうのです。

離婚のキッカケ~まとめ

5つの主な離婚のキッカケは、どれも離婚するには納得の理由でした。

他人と暮らすということの困難さをあらためて意識する結果です。結婚を継続しているだけも、非常に忍耐がいることだとわかります。

このキッカケをよんで、うちはまだマシだわ…。と、離婚をとどまっていただけると幸いです。

…続いて旦那と離婚したいと思った理由ベスト6を紹介します。

旦那と離婚したいと思った理由ベスト6

結婚している女性(20代~50代)100人のアンケート結果を紹介します。

離婚したい理由も様々です。ベスト6を発表します!

性格の不一致(32%)

離婚したい理由の第1位です。

ひとつ屋根の下にいると、いろいろと夫の性格で気になるところがでてくるんですね。新婚のうちはラブラブでも…

ケンカした時、病気の時、仕事をやめたりという不測の事態での夫の態度。子供が生まれた時あとの変化。結婚後に気づいて後悔、離婚したいと思うようになります。

旦那は父親としての自覚がゼロ、むしろマイナスです。とにかく遊び歩きたい、自分の好きなように行動したいといった感じで、子供が生まれても育児には無関心。土日はフットサルやゴルフ、盆には自分の遠方の実家に一人で帰って友達と飲み歩いたり、冬は泊りがけで正月にスキーに行ったりと、子供が生まれてもう10年にもなるのに家族で行動する、家族サービスという概念が芽生えません。怒りを通り越してあきれています。私が再就職をして、シングルでも子供を育てられるだけの生活力をつけたら、速攻で三下り半を突き付けたいと思います。

子供が産まれて、子供に対しての接し方が自分と夫と違い離婚を意識した。私は赤ちゃんだから厳しくしても意味がないと思っているが、夫は赤ちゃんの時から厳しく躾けるべきだといい何度も話し合いをした。

結婚して3年。物を出したら出しっぱなし、家事は一切手伝わない、物事を決めるに対しても優柔不断。

家族の将来に対する考え方の違いが大きくあり、歩みよることは難しいのかと考えました。

 

愛情の薄れ(25%)

第2位です。

子育てで忙しいのに、手伝ってくれない、家事をしないなど、妻が大変な時に協力的でないと信頼も愛もなくなっていくようです。

子育て中の旦那の行動や発言で愛情が覚めてしまいました。

結婚して15年になりますが、家事をまったくしませんし、子供の世話もしません。早く離婚したいです。

結婚して2年ですが、大切なイベントを後回しにされて今に至っています。私はイベントをしたい派なので誘うのですが、プロポーズ・結婚指輪を選びに行く・結婚記念日などすべてなにもできていません。理由は旦那の口約束だけで当日になると「疲れてる」の一言で片付けられるからです。期待してがっかりする、のパターンに疲れてきました。

 

金銭的な問題(20%)

第3位です。

お金の使い方などで、あまりに感覚が違うとストレスになるんですね。
転職しすぎた、収入が減ったりすると家庭も暗くなりますね。
パチンコなどのギャンブル、ゲームの課金、趣味にお金をかけすぎるなど、金銭感覚がマヒしている人と一緒にいるのはつらいです。

 

短大生の頃、主人と知り合い結婚して早13年。2人の子供にも恵まれましたが、生活に余裕のない毎日に嫌気がさしています。昇給のない会社に何年も勤め僅かな給与でやりくりしてるのに、自分の趣味にかけるお金は減らそうとしないからです。

結婚して3年。メガバンクの銀行員だった夫が、急に会社を辞めると言いだしました。理由は、お笑い芸人になるため。夢を応援したいという気持ちはありますが、知り合って7年、夫を面白いと思ったことは一度もありません。才能の伴わない夢は応援できないと思い、離婚したいと思いました。

子供が生まれて生活が変わるのは当たり前なのに、独身時代とほぼ変えず。収入も私の収入はなくなり、育児休業手当しかないのに、自分の給料は自分の楽しみのために全部使ってしまい、生活費を貯金から切り崩しかなく、ついには貯金を使い果たしてしまったこと。これからどうやって生活するのか。先を予測して行動するってことができないのが信じられない。

 

旦那の浮気問題(10%)

第4位は浮気です。

隠しているようでも、女性のカンでわかってしまうんですよね。

最近はLINEやりとりが、スマホの画面からバレてしまうパターンが増えています!

 

旦那が職場の女性と浮気をしているらしい。夫は、ばれていないと思っているが、私は離婚を考えている。

ズバリ、女好き。風俗はもちろん、飲み屋さんのおねいさん、常に女に囲まれていなくては、気がすまない人だからです。商売女さん、だけでなく、素人の既婚女性やらと、出会い系で遊んだりも、していました。

子供が2歳になった時に旦那の浮気が発覚しました。旦那の職場の若い事務の女の子と浮気していたからです。たまたま、旦那のスマホを見てしまいLINEのやり取りを見て発覚しました。問い詰めたら❝ほんの出来心❞と言われ謝罪してくれましたが、なんだか謝罪も歯切れが悪く、スッキリしないので離婚したいと思いました。

 

実家、親戚(7%)

第5位です。

結婚すると悩ましい実家や親戚づきあい。

過剰に仲がよかったり、悪かったりすると付き合いが切れないだけに離婚したいと思う原因です。

 

結婚2年目ですが、旦那は実家が大好きすぎて困っています。月に1度は帰りたいらしく…。家族を大切に思うことは良いことですが、この歳になっても親に甘えすぎているのは恥ずかしいです。このままだと何でも親優先になってしまうのかと不安です。

新婚時代に旦那のマザコンが酷過ぎて、結婚式で姑と大揉めしたときに離婚したいと思いました。

旦那のことは好きですが、旦那の親戚が苦手で離婚を考えたことがあります。お盆、年末年始の度に顔を合わすのが億劫で仕方ありません。親戚付き合いの濃い人だとは知らなかったので、結婚してから後悔しています。

DV(6%)

第6位です。

家庭内暴力は、暴力以外にも、言葉によるモラルハラスメント、無視するなども家庭内暴力です。

 

些細な事で喧嘩になった時、最初は肩を小突かれた程度でしたが、それをきっかけに喧嘩の度に暴力をふるわれるようになり暴力の度合いもエスカレートしていきました。

先日また喧嘩になった時、脳天を思い切り殴られ軽い脳震盪になり、流石に焦った主人が介抱してくれましたが本気で離婚を考えました。ですが子供が2人いて、まだ小さいので離婚に踏み切れずにいます。

結婚して10年目、二人の子供がいます。職場恋愛でした。趣味が合い、優しさに惹かれて結婚しました。ところが、結婚後は私をただの家政婦のような扱いで、私自身にお金をかけることを価値がないような言い方をされ、なぜこの人と結婚したのだろうと悲しい気持ちになりました。

自分勝手で、好きな時は話すが、機嫌が悪いと全く口を利かない。その空気が怖い。自分勝手過ぎて大変で一人になりたい。

総まとめ

妻が旦那と離婚したいと思っても様々な障害があるものですね。。

でも実行に移せばまた違う世界が見えてくると勇気を出す女性も多くおられるようです。

旦那の不倫なども離婚の原因として多いですが,もし自力で調査しきれないという時は「原一探偵事務所の口コミ」という別記事を参考に。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
mikako
mikako
主に債務整理など法律に関する記事担当。最近,彼氏ができたのか(本人は否認w)口臭ケアサプリ関連にも興味を示し実際に購入して効果を実証。フクロウ大好き娘。