『もう、看護師なんて辞めたい!』

わたしの友人の場合、看護師を始めて2年目で怒りが爆発してしまいました。

その理由は、まずは人間関係!

婦長が仕事ができないくせに人の仕事にはすごく厳しくて、ネチネチ怒ってくるらしいのです。

時にはナースステーションで医者や他のスタッフがいる前でも…。

自分のミスを押し付けてきたこともあるし…。

それがきっかけで後輩にまで陰でコソコソ言われるようになってしまって。

最悪ですね!

みなさんもそんなF経験ありませんか?

憧れの職業で常に上位入りしている看護師ですが、8割以上がもう辞めたいという衝撃事実。

みんなどんな時に看護師を辞めたいと思うのか?

体験談をまとめてみました!

看護師辞めたい…。心が折れた理由とは?

看護師を辞めたいと思う理由は一体何なのでしょうか?

それぞれ見ていきましょう。

※私が多かったと思う順番でご紹介しています。

理由~第1位!人間関係

人間関係
看護師の世界は女性が多いので他にはない独特の世界です。

命を預かっているわけですから、チームプレーは大事!と言いつつ、

・師長や主任からのパワハラ
・同僚のいじめ、無視されたり、根も葉もない噂を流されたり…。
・ミスをみんなの前で責められてまるで公開処刑…。
・陰口や言葉の暴力がひどい…。

などなど。

2年目であるわたしの友人は『指導』という名のいじめをナースセンターで延々されたらしく、うつのようになっていました。

せっかくなりたくてなった職業でも心折れちゃいますよね。

理由~第2位!労働環境が悪すぎる

労働環境
・忙しすぎていつか医療事故を起こしてしまいそう。(産婦人科29才)

・露骨に嫌な顔をされるため誰にも聞けず不安で押しつぶされそうです(小児科 24歳)

・業務後の電子カルテ入力が終わらない。確実に終電。(泌尿器科 23歳)

・休みの日でも研修に参加させられる(手術室 41歳)

・連休がほとんど無い(糖尿病科 31歳)

・夜勤手当は命を削った代償(脳神経外科 27歳)

・体知心すべてフル活用しているのに給料が安く、昇給しない(外科 36歳)

・8年勤めて昇給がたったの2000円(小児科 34歳)

・3回転職したけど残業代は一度も貰ったことが無い(皮膚科 40歳)

・「行かないで」って泣いてる子供を残して夜勤へ。シングルだから家に子供1人だけ。

などなど。

看護師の仕事自体が嫌というよりかは、労働時間や肉体や精神的な疲れの割に給料が安いというのが不満に繋がっているような感じですね。

モチベーションはあるのに、労働条件が伴わない。

なんとかしたいものですね…。

理由~第3位!看護師に向いていないから

向いていない
看護師になりたい!と思ってなったものの、その求められるスキルの高さやいじめなどからくる精神的な疲れから、看護師に向いていない思い込んでしまう人も多いようです。

誰でもいじめられたら嫌になってしまうし、何でもできるわけではないんですけどね!

その他にも、こんな声が上がっています。

・毎日怒られていて、それがナースステーションで笑いのネタになってた(24歳)

・こっぴどく怒られた後、患者さんに優しくされ泣いてしまった(整形外科 23歳)

・覚えることが多すぎて辛い。薬の名前変わりすぎだろ(泌尿器科 27歳)

・夜勤で1人のときに急変すると不安とプレッシャーで気が狂う(外科 23歳)

・体力勝負な仕事なのに知識まで要求され、おもてなしの心まで持てと?(皮膚科 29歳)

その他の理由

他にも看護師が嫌になる色々の原因があります。

<責任の重さに耐えられない>
看護師は、知識や経験が浅くても自分で判断しなくてはいけないい時があります。

そんな時に、もし何かあったらどうしよう。
自分のせいで患者さんが…。
一人の時に急変やしたらどうしよう!?
先生からの指示が曖昧なのに押し付けられた。

など、お医者さんより患者さんに近い存在だけあって、まず看護師が患者さんの異変に気づかなくてはいけないプレッシャーはすごいですよね。

・患者さんへの対応がつらい。
・小さな子供がなくなってしまったとき。
・患者さんが危篤になってしまった時の家族の対応がつらい。
・奇跡的に助かった人がその後悲惨な姿を見たとき。
・患者さんから暴力を受けたとき。ずっと怖くなってしまった。

患者さんとの関わりは看護師なら避けては通れないですが、誰かが亡くなったり、その家族と接することは何回あっても慣れないし辛いですよね。

<理想と現実のギャップが凄すぎる…。>
・もっと楽しく働けると思った。
・人の為になりたくて看護師になったけど、自分がボロボロになっていた。
・普通の幸せがうらやましいと思った。

期待感が大きかった人ほど、現実の喪失感は大きいかもしれませんね。

お金と割り切ればできるのか?!

<恋愛の悩み>
・出会いがなくなる。彼氏ができなくなる。
・こんな不規則な生活を送っていたら出会いもないし、彼氏ともすれ違いの生活に。
・婚期が遠のいて、お局化してる先輩を見てると自分もああなるのかと思うと怖くなる。

<勉強が辛い>
・毎週のように、勉強会や研修がある。
・患者の名前が変わりすぎて、それを覚えるのに必死。
・休みの日でも、研修などに参加しないと仕事にならなくなる。
・不規則なシフトで生活リズムが乱れる。
・疲れてるし眠いのに眠れなくて、眠剤が必要になってしまった。
・体調が常に悪い。絶対リズムが乱れているせい。
・顔色が常に悪くなってしまった。
・20代にして生理が止まった。

<離婚した>
・旦那より稼ぎがよくて、旦那が働かなくなった。
・夫に守りたいと思えなくなったと言われてしまった。
・いつの間にか、家庭より仕事になってしまった。

看護師を辞めたい!と思っても引き止められる?

『看護師を辞めたい!』と思っても、だいたいは婦長に引き止めにあってしまいます。

辞めることを伝える時きちんとした対処法ができなければ、まだ『この子は引き延ばせるな。』と思われてしまいずるずると退職できなくなってしまいます。

看護師をやめたい!でも8割が引き止められる!?

看護師 転職

看護の退職は、8割以上が引き止められた経験アリ!


『辞めたいのに、辞められない!』

看護師で辞めたいと上司に言ったときに、すんなり辞めさせてくれるなんてことはほとんどありません!
ある統計では、辞めたいといった8割の人が引き止められた経験があるそうです。

辞める!と決めたのであれば、まずは理由をしっかりと考えることが大事です!

上司は理由を聞いて、『何も言えない…。仕方ない…。』と言ってもらえればあなたの勝ちです。

晴れて自由の身です(笑)

難しいようですが、OKを言ってもらいやすい退職理由があるのでそれを踏まえて傾向と対策を考えていきましょう!

引き止められやすい看護師の退職理由とは?

引き止められる理由
まずは引き止められやすい退職理由を考えてみましょう!

人間関係に疲れました…

『そんなんで他のところで通用すると思ってるの?!どこにでもあると思うわよ。』

と言われて終わり><

結局、退職の話は流されて丸めこめれる。

休日出勤がもう嫌で…

『どこでも一緒よ!それを知っていて看護師になったんでしょ!』

『休日は休んでいいから。ちゃんとシフト改善するわね。』

『みんなに迷惑がかかるの、わかってる?』

と丸め込まれる。そして結局、勤務体制は変わらないまま…。

もっといい給料で働きたいんです!

『給料給料って、お金のために看護師になったの!?』

そんなわけじゃないけど、サービス残業多すぎでしょ…。

労働と給料見合ってないでしょ…。とも言えず退職には至らず。

いじめられてるんです!

『じゃあわたしがいじめを止めさせるわ!安心して!』

それで改善するならもっと前にしてたのでは…。そして、いじめはそんな単純なものではない><

仕事内容が自分に合わないと思って…。

『部署変えるように上に掛け合ってみるわ。それまで頑張って。』

『それはあなたの看護観が違っているのよ!』

その言葉を信じたが最後。部署変えなんてそうそうない….。

看護師に向いていないと思って…。

『そんなことないわよ。あなたは頑張っているわ。』

『入った時からあなたには期待していたの。本当にいい看護師だと思うわ。』

褒められて励まされて丸め込まれて終わり。

退職理由にはならないですね!

こういう退職理由では、上司も言われ慣れてるので簡単に言い返され丸め込まれてしまいます。

それでは、どういった辞めたい理由を言えば引き止められずに退職できるのか?

言い返されない鉄板ネタをご紹介します^^

看護師を辞めたい!でもこんな時は引き止めに合いやすい!

引き止めに合わないようにするには、 まずは退職を伝えるタイミングを見極めることが大切です!

では、どんな時が退職しにくいのでしょうか?

次に紹介する時期やタイミングは引き止めに合いやすいです。

今の勤務先の看護師が人出不足

人出が足りていない場合は、抜けられると更に他の看護師の勤務に影響が出てしまうため反対されやすいです。

『後任が見つかるまでもう少し待って』と言われるとこがほとんど。

そのためにも気持ちが決まったら早めに言っておくことは大事です。

ただ、そのまま流されてしまうこともあるので、そこは節目節目にしっかり宣言しておくこと!

産休や休職、辞める人が他にもいる場合

この場合、どうしても休んだり辞めなくてはいけない人から優遇されます。

なので、あなたの退職理由の優先度が低ければ引き止められるでしょう。

3月や年度末以外に退職したい場合

4月は看護師の転職はピーク時!なので、病院は3月末に退職者が大量にでることも。

特に国公立や大学病院は、病院の規則で、「年度末の3月までいるのが義務」というところもあるそうです。

3月末や年度末は辞めすい傾向もありますが、人が足りなくなってしまって逆に辞めにくいことも。

各病院・病棟で特徴があるはずなので、先輩看護師に相談しながら退職を言い出すタイミングを考えていきましょう!

ブリセプターなど教育・指導する立場の看護師

もしあなたが教育的立場にいる場合は、『新人教育が終わるまでいて欲しい』と言われやすいです。

円満退職を望むのであればそれが終わるまで我慢するのも仕方ないかもしれません。

常勤看護師が少ない

病院は看護師比率というものが決められています。

なので一定以上の看護師率をキープしなくてはいけないので、常勤勤務の看護師が少ない場合人出が足りていても引き止められる可能性もあります。

<他にも…。>
・入職1年目から3年目の若手の看護師

・経験が5年以上の中堅看護師

などなど辞めにくい状況は様々あります。

では、どうしても辞めたいときはどのように対処すればいいのでしょうか?

看護師を退職したい!実際の対処法とは?

では看護師を退職したい時の具体的な対処法とはどのような方法があるのでしょうか?

何を言われても揺らがない!

看護師を退職するのは、引き止めに合うためかなり労力が必要となります。

そんな時、何を揺らがない気持ちと作戦がとても重要になってきます。

何を言われても揺らがず意志が固いことをアピールしましょう!

引き止められない退職理由にする!

引き止めに合いにくい退職理由があります。

一度長引いてしまうと厄介です。

引き止められない退職理由で一回で退職できるようにしましょう。

相談ベースで話始める!

最初から『辞めたい!』と言うと、真っ向から引き止めが始まります。

そうなると長期戦になったり、連日話し合いになったりそれだけで心が折れてしまいそうに…。

なので、相手の意見も尊重しつつ『◯月までに辞めたいと考えているのですが。』など。

聞く耳を持ちつつ意志は固いことをアピールしていきましょう。

看護師転職のコンサルタントを間に挟む!

自分だけではどうしようもできないときは、看護師転職のコンサルタントを挟むのが一番手っ取り早く確実です。

コンサルタントというと費用がたくさん掛かってしまいそうな感じがしますが、看護師転職サイトのコンサルタントであれば無料で相談にのってくれます。

場合によっては、交渉も手伝ってくれますので心強い見方です!無料ですし、もし悩んでいるようであればまずは相談してみましょう^^

法律で守られていることを言う!

いよいよ理不尽なことを言われ始めたら法律で守られていることを言いましょう!

民法627条では、辞める2週間前に伝えておけば相手の同意がなくても辞めることができます。

『退職届』として提出すれば、本当は退職理由も説明義務はありません。

法律を出さなきゃいけない上司ともなるとかなりの曲者かもしれませんが、こう上司に限って法律をだすとスムーズに退職できる確率がグンとアップします!

でも看護業界も広いようで狭いですから、できれば円満退社したいものですよね。なので法律を出す前に、出来ればコンサルタントを踏まえて3者で話し合いで解決するのが一番円満退社できますよ!

『絶対辞める!』と覚悟が決まっているのであれば、戦略を持って退職願いを出しましょう。

看護師 転職

続いて『引き止められても退職できる対象法』を調査しまくりました!

退職理由で押さえておきたいポイントは?

退職理由は最初に間違ってしまうと気まずくなったり、辞めにくくなってしまいます。

始めから引き止められないようなものにしておくことで、スムーズに円満退社でき、後々も人間関係が楽なのでポイントをしっかり押さえて退職理由を考えておきましょう!

・今の病院を否定せず、ポジティブに円満退社を意識する!

・引き止めにくい家庭の事情をうまく使う!

・引っ越しなど距離を味方につける!

そして退職理由を考えるコツとしては、『嘘とホント』を上手に織り交ぜること!

全て嘘では絶対ボロが出てしまうので、嘘とホントを織り交ぜることでリアリティを出していきましょう!

引き止められない看護師の退職理由ベスト3!

ベスト3
引き止められない看護師の退職理由ベスト3を紹介します!

第1位 家庭の事情

・親の看病で実家に帰らなければいけない。
・家業を継ぐので辞めなくてはいけない。
・祖母の看護をどうしても自分がしなくてはいけない。

など、自分は辞めたくないけどあくまでも家族の事情で辞めざるえない。というのがミソ!

そして、引っ越さなきゃいけないというのも引き止められずに円満退社できるコツですね^^

第2位 結婚・出産

・結婚するので彼の元に引っ越す。
・出産後3年は育児に専念したい。
・結婚の条件が専業主婦になることだった。

など、自分の都合だけではないことをアピールするとうまくいきます!

ただ、言い方によっては復帰を持ちかけられることもあるので、そこもあらかじめ対策が必要です。

第3位 スキルアップしたい!

・もっと大きな病院で幅広い仕事を経験してみたいんです!
・今の職場にない科目の病院で看護師としての経験を積みたいんです!

など、今の病院を否定するのではなく、ポジティブな退職理由にすると円満退社にもつながりますし、意外と応援してくれることも多いです。

看護師の引き止められない退職理由の極意!!!

看護師 転職

絶対に折れない心を持って、『辞める』と言い切ること!!!


こちらが『迷ってるんです…。』『悩んでて…。』など弱気なワードを言ってしまうと、どうしても漬けこまれてしまいます。

もちろん、上司も悪気があるわけではないですが、ずるずると相手に丸め込まれてしまいますので『辞める!』と決めたなら、しっかりと作戦を練って相手が言い返せないような退職理由を考えて強い心で臨みましょう!

看護師を辞めたい!そして退職金もほしい!

『退職金って貰えるの?!』

もらえるものをもらえずに辞めてしまうのはもったいないですが、病院の条件や働いた期間などのによって人それぞれもらえる額も本当にもらえるかも違ってきます。

ただその相場や平均、正しいもらい方は把握しておいた方がベター。万が一もらえなかったら損しちゃいますからね^^;

それを踏まえて看護師の生の情報をご紹介しますね!

看護師 転職

退職金をしっかり貰って、有利な転職をしましょう^^

退職金とは?もらえる人ってどんな人?

そもそも退職金をもらえる人はどんな人なのでしょうか?

少し細かく見ていきましょう。

退職金とは?

退職金とは、病院側が用意している福利厚生で行っている退職金制度のことです。

退職した職員に支払われる手当で、別名『退職手当』『退職慰労金』とも呼ばれています。

退職金はどんな人がもらえるの?

通常の病院であれば、退職金制度があり3年以上働いていれば貰えることが多いです。

ただ退職金は病院の福利厚生であって義務ではないので、規模の小さな病院やクリニックや医療施設などの就業規則が整っていないところでは貰えないこともあります。

その他にも病院は、社外積立制度や退職共済で退職金を準備しているところもあります。

ただこれも病院によってなので、一度退職金が貰えるかどうかは病院側の就業規則や総務に確認した方がいいです。

看護師の退職金っていくら位もらえるの?相場と平均は?

退職金は病院の経営状態や勤続年数によって大きく違いがあります!

その違いを見てみましょう^^

国立病院の相場

看護師 退職金
国立病院は他の病院の相場よりいいと言われていますが、これだけもらえたら老後も安泰ですね(笑)

一般の病院は就業規則によって違ってくるのでチェックしてみてください!

勤続年数別の退職金相場

実際に転職する時は、勤続年数の相場を確認しておきましょう!

看護師の退職金は、勤続年数3年未満より、3年以上のになると倍近くまでなることも。

退職金が違ってくるなら1年頑張れるなれば頑張るなど、転職のタイミングの判断材料にしてみてください。
看護師 退職金
勤続年数3年未満では、退職金なし!ということもあるので、
どうしても退職したい場合は退職金はあきらめた方がいいかもしれませんね><

看護師の退職金を計算する方法は?

それでは退職金の計算方法を確認して、自分の退職金を実際に計算してみましょう^^

病院の就業規則によって変わるので、計算式も病院に確認してみてくださいね。

看護師の退職金の計算方法は大きく分けて3パターンあります!

・パターン1 基本給料×勤続年数

基本給が23万円で3年勤続した場合は、23万円×3年間=69万円の退職金が貰えます。
・パターン2 勤続年数×固定金

固定金とは、病院側が決めた金額のことです。

なので、病院に確認が必要ですね!
例えば、病院側が決めた固定金が8万円なら、8万円×勤続年数3=24万円となります。

・パターン3 基本給×勤続年数×功績倍率

病院に対する功績を見てくれるので、退職金のもらえる額が一番大きくなります。
ただ注意しなくてはいけないのが、功績倍率は病院が決めるので評価が悪いと逆に下がってしまうことも!

この辺はちょっと怖いので、上司にゴマをするか?!注意が必要ですね^^;

計算は、基本給23万円だとして、勤続年数3年、功績倍率は1.3とすると、23万円×3年×1.3=89.7万円です!

・パターン4 勤続年数で病院が退職金を定めている

一言で病院が定めているといっても様々な形態があります。

例えば…。
・勤続年数3年=30万円、10年=100万円
・勤続年数3年×基本給×30% などです。

計算方法は病院によって様々なので確認が必要ですが、できるだけ多くもらいたいものですよね!

とはいえ最初の就業規則で決まっているので、功績倍率のある病院以外は退職金を変えることはできません。

もし次転職するときは、退職金をチェックしてから転職したいものですね^^

勤続年数4年で転職した私の友人の場合…。

わたしの友人も看護師の転職を2度経験したので、退職金をもらいました。

ただ友人の場合は…。なんと手渡しで1万円のみでした…><

貰った時は唖然として嘘でしょ!?と思いましたが、意外とそういう病院も多いようです。

転職するときにきちんと確認した方がいいですね。

だいたいこういう病院は労働条件も悪かったりもするので、転職の一つの目安になるかもしれません^^;

…とはいえ、やっぱりお金が欲しい!という方は…。

看護師転職サイトを使うのもおすすめです。(ページ後に紹介してます)

退職金は最初の就業規約で決まってしまっていますが、看護師転職サイトを使って転職すると『お祝い金』や『再就職手当』などがもらえたりもします。

多いところでは、転職するだけで12万円もらえるところもあるんですよ!退職金と合わせると結構いい額になりますよね!

もし、転職でお金が欲しい!お金がピンチ!という人はチェックしてみるといいかもしれませんね^^

看護師の退職金のもらい方とは?!

退職金が貰える目安としては、3年勤続したかどうか?

申請しないともらえないこともありますし、しっかり自分はいくら貰えるのか自分で計算してみましょう。

それに合わせて、失業保険や転職サイトからの再就職金やお祝い金をチェックしてみると、お得に転職できます。

看護師 転職

ただ病院によって規定が違うので、退職を考えるときや転職するときはチェックが必要ですね!

まずは把握するところからですね^^

看護師を辞めたい人におすすめ?の転職先とは?

看護師 転職

家庭も大事だけど、仕事もバリバリしたい!という人にピッタリなのが産業保健師です!


最近は企業などで積極的に保健師の雇用を始めています。

土日祝日休みで、給料もよく福利厚生もバッチリ!

今狙い目の求人です^^

友人の経験談&友人保健師の情報を元に、好条件の産業保健師の転職方法をご紹介しますね!

ぜひ参考にしてみてください^^

そもそも、産業保健師ってなに?

産業保健師とは、民間の企業で働く保健師のことです。

企業の医務室で医師と働いたり、健康保険組合や健康管理室で社員の健康管理全般を任され、生活病予防や労働災害、事故予防、感染病対策、精神疾患のケアなどその仕事は多岐にわたります。

中小企業にはあまり配属されていることはなく、主に社員300名以上の大企業に勤めることになります。

勤務地は主に大手メーカー、外資系企業、広告代理店、銀行、商社、IT企業、テレビ局など。

多忙な社員さんたちの心と身体のケアをするので、人当りや話しやすさなど人間性も求められる仕事です。

なので学校保健師や行政保健師など他の保健師さんよりかは、ストレスも抱えやすく大変な仕事のようです^^;

平均年収は?

産業保健師は、大企業の福利厚生や手当て・給料をもらうことができるので、 比較的条件がいいところが多いです。

だいたい相場は、500万円から600万円。初任給は20万円前後が多いようです。

これに福利厚生もきちんとしていますし、退職金もでるところがほとんどですので安定して高い給料をもらうことができます!

気になる、産業保健師の魅力とは?

産業保健師の魅力はどういった点なのでしょうか?

細かく見ていきましょう。

休みは暦通り!大企業の会社員と一緒!

休みは、土日祝日・盆・正月・GW!

大企業と同じ勤務になりますので、暦通りに休むことができます!

夜勤があった看護婦さんにとっては夢の世界。
人と同じサイクルで仕事できるのは、嬉しいですよね^^

残業はほぼナシ!

そんなに頻繁に利用者がいるわけではないので、ほとんど提示に帰れます♪

労働環境がいい!

基本的にすわり仕事ですし、力仕事もありません。

夜勤もないし夕方には仕事は終わりますし、残業もほぼなし!

病院勤務の看護師よりかはずっと楽ですね。

子育てと仕事が両立しやすいのも魅了です。

人間関係がいい!

人間関係も基本同じ部署の人はいないか少ないので、楽チンです♪

大企業の人と知り合える!

個人的にはこれが一番のメリットだと思っています(笑)

看護師で仕事ばかりしていると出会いって減っちゃうじゃないですか。

心のケアをしながら気の合う人がいたらいいなと…。

ちなみにわたしの産業看護師の友人は、リアルに大企業の社員さんと結婚しました!

わたしも保健師の資格さえ持っていれば、絶対就職していました(笑)

男性の産業保健師もニーズが高い!

保健師や看護師は女性が多い世界ですが、産業保健師の世界では企業に男性の保健師も重宝されます。

その理由として、相談に来る人は男性が多いのでその気持ちがわかるからだそうです。

働き盛りの20代から40代の男性社員が、50代の男性の産業保健師がいれば話しやすくアドバイスももらいやすくて安心という声もあります。

女性も男性も一緒に活躍できる場所っていいですよね!

またキャリアアップも望めます!

産業保健師の場合、メンタルケアが主な仕事なので、技術的にキャリアアップできるかどうか心配になってしまいますよね。

企業の形態にもよりますが、健康管理者として責任者になることでキャリアアップすることもできます!

バリバリ仕事したいけど家庭と両立したい!という人には持ってこいの仕事です^^

産業保健師の求人を見つけるには?

これだけいい条件の産業保健師ですから人気で就職なんてないのでは?

と思われがちですが意外とそうでもなく、今までなかった企業が新規で募集を始めたり、転職で空きがでたりするので求人を探すコツさえわかれば就職を見つけることできます。

ただ求人がある理由として、相談にのることでストレスを抱える産業保健師の人も多く、よりよい給料や待遇を求めて転職する傾向があります。

離職率は低いけど、転職率は意外と高め。

産業保健師を目指すのであれば、ストレスは覚悟してなったほうがよさそうですね。

求人産業保健師の求人をゲットするコツ!

1,未経験でもとりあえず応募してみる!

2,社員にこだわらず、非常勤や派遣社員を狙ってみる!

3,転職サイトで事前に情報収集&最新情報をゲットしておく!

4,専任コンサルタントさんをフルに使う!

産業保健師の求人は他の保健師に比べて比較的空きがあるので、未経験でも応募しても受かることがよくあるそうです。

最初まず非常勤でも働いて経験を積んで、正社員にキャリアアップや転職をするとスムーズに働けるようです。

ただ求人はあるのですが、ハローワークなど一般的に公開されてることはほぼないです。

じゃあ、どうやって探せばいいのか?というと、

看護師転職サイトの専任コンサルタントに相談して紹介してもらうのがベストです!

コンサルタントに相談しておけば、空きがあればすぐに情報を持ってきてくれますし、履歴書添削や面接のコツを教えてくれるので転職できる確率がグッと上がります。

そして条件の交渉も企業と直接取り次いでくれるので、自分の希望が通ることが多くなります。

登録も利用料も無料ですしスグに転職しなくてはいけないわけではないので、情報収集のためにもまずは登録しておくといいと思いますよ!

看護師を辞めたい!参考にした産業保健師の求人のコツ

1,未経験でもとりあえず応募してみる!
2,社員にこだわらず、非常勤や派遣社員を狙ってみる!
3,転職サイトで事前に情報収集&最新情報をゲットしておく!
4,専任コンサルタントさんをフルに使う!

これから大企業の求人は増えてきますので狙い目の職業です!

まとめ~看護師を辞めたい!と思ったら?

看護師を辞めたい!と思ってもなかなかすぐ退職できるものでもないですし、看護師以上に女性で給料が良くて安定して働ける場所ってそうあるものでもないんですよね。

実際わたしの友人も看護師が嫌で看護師自体を辞めたんですけど、結局生活していけなくて看護師に戻りました。

なので、もし看護師を辞めたい!って思ったら考えてほしいのが、『看護師がもう嫌なのか?』『今の職場が嫌なのか?』ってこと。

もし職場を変えてすむ問題なのであれば、 まずは職場を変えることから始めてみてもいいと思います。

看護師を辞めるというのは、すごく大きな決断ですし、一度クッションを置いてから最終的に判断した方が後々のためになるはずです。

もし病棟ナースをしているのであれば、そこにこだわらずもう少し肉体的にも精神的にも楽に働けるところにしてみるとか。

私の友人も病棟ナースから今は美容クリニックの看護師になって、今は楽しく看護師続けられています。

もし看護師を辞めたくなったら、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

The following two tabs change content below.
chika
chika
主に医療系・薬剤関連記事担当。看護師の友人がサービス残業を嘆いていた事から医療や看護施設の現状に興味を持ち情報収集を開始,発信している,おはぎが大好物な女の子♪