『助産師として働いてて良かった~!』

元気に生まれてくる赤ちゃんを見てると、心からそう思えますよね。

こんな素敵な仕事、生涯続けたい!と思う反面、労働環境のハードさや人間関係のから『辞めたい…。』と思う人も多く離職率はかなり高いです。

でも実は離職よりも転職する方が、ずっと条件も良く働きやすくなるって知っていました?

看護師 転職

労働条件がよく長く続けられる職場もちゃんと探せばあるので、その見つけ方や転職を成功させるコツをわたしの経験談&友達助産師の情報を紹介します!


環境を変えて楽しく助産師の仕事を続けられるといいですね^^

そもそも、助産師の離職理由ってなに?!

助産師の人が職を辞めたくなる理由は何なのでしょうか?

詳細を見ていきましょう。

残業や夜勤、不規則な生活が大変!

助産師の仕事はなりたい!とう希望者も多いですが、残業や夜勤が多く不規則な生活が理由で結婚や出産を機に一線から退く人も同じくらいいます。

通常の看護師であればまだ代わりもききますが、助産師の場合もし出産が入れば仕事は長引きますし不規則になります。

なのでどうしても子育てや出産との両立は難しくなりがちですね。

人間関係の厳しさ

看護師さん同様、女性の職場ですし、患者さんやお医者さん沢山の人が絡んでくるのでやり方も感じながらもストレスも多いです。

それに加えて、看護師・医者・患者さんの板挟みになりやすいのもストレスの原因になりがちです。

プレッシャーに耐えきれない。

助産師の仕事は、出産時だけでなく出産後や出産前もしっかりとサポートしなくてはいけません。

それに加えて、出産は母子の生命を危険にさらすこともあります。

仲良くしていた患者さんが流産や死産を経験することもあり、それが訴訟に繋がるケースも増えています。

そのプレッシャーに耐えられないという助産師も多いです。

また妊婦さんがマタニティーブルーなど、精神的に不安定な時も相談にのって支えていくので、その点で精神的にも肉体的にも酷使されやすいのが助産師の仕事です。

難しい!助産師を離職して待つ未来とは?!

助産師が辛くて離職したとしても、資格を持っている限り看護師として働いても助産師の資格はついてくるので、結局助産師の仕事をすることになるのも実情です。

その逆で病院の都合上、助産師でありながら助産師として活躍できない人も大勢います。

そして助産師や看護師を辞めたとしても、助産師や看護師以上に女性が安定して稼げる仕事はなかなかないので生活できなくなってしまうというケースもあります。

一口で助産師と言ってもこれだけ助産師を取り巻く環境はすごく違いますね^^;

そして最近では、産科自体が減りまずまず助産師の需要が高まっています。

自分が思っていた仕事や現実のギャップに疲れてしまい離職を考えるかもしれませんが、ようは今自分が抱えている問題が解決できるのであれば助産師でいるのがベスト!と言うことです。

助産師は、離職より転職がぜったい有利!

助産師 求人助産師が離職より転職がいい理由!

1,転職すれば、希望の仕事ができる!

2,労働条件が良くなる!

3,給料が増える可能性大!

4,キャリアアップできる!

助産師を離職してしまうと今までのキャリアが台無しになってしまったり、逆にうまく使われてしまって結局助産師を続けることになってしまいますが、条件をきちんとつけて転職した場合は思うようにいかない!ということはなくなります。

労働条件や給料・キャリアアップも交渉してから契約すれば、離職より転職がはるかに有利になります。

でも直接病院と交渉したりいい条件の求人を見つけるのって、なかなか難しいですよね…^^;

それでは、その方法をお話していきます!

好条件の助産師求人の探し方と交渉方法とは?

職場探しの定番といえばハローワーク。でも、なかなか助産師の資格を生かした仕事や、助産師の仕事を持っていながらそれをやらない仕事を絞りこんで探すことは大変です!

そこでオススメしたいのが、看護師転職サイトです!

看護師転職サイトのおすすめポイント!

1,労働条件や給料の条件を、最初から絞り込んで検索できる!

2,各転職サイトで非公開で好条件の求人に応募できる!

3,専任コンサルタントが労働環境や給料を交渉してくれる!

4,あらかじめどんな職場か把握したうえで応募できる!

5,これらを自宅や職場にいながら、無料でできる!

やっぱり自分で好条件だったり、今求めている条件にぴったりの求人を探すことはかなり難しいです。

特に、働きながら転職活動を行うときは時間もないですしね^^;

転職サイトに登録しておくと、自分に合った条件の求人を専任コンサルタントが探して提案し交渉までしてくれます。

しかも転職サイトによっては好条件の非公開求人を持っている場合が多いので、夜勤のバイトやステップアップできる求人を紹介してくれることもあります。

面接のポイントや履歴書添削や詳しい労働環境についてもコンサルタントさんが教えてくれますので、利用は無料ですしまずは登録しておくことがおすすめです^^

まとめ~助産師が好条件の求人を見つける方法

看護師 転職

助産師を辞めたい!と思ったら、『助産師の仕事がもう嫌なのか?』『今の職場が嫌なのか?』を考えてみてください!


もし今の問題が解決されたら助産師を続けられる!と思ったら、離職より転職で助産師を続ける方がオススメです!

看護師転職サイトで自分の条件をとことん絞り込んで、まずはコンサルタントに無料相談してみましょう。

楽しく助産師の仕事に打ち込めるようになれれば嬉しいです^^

最後に参考までに看護師求人サイトをランキングにしたページを紹介しておきます♪

The following two tabs change content below.
chika
chika
主に医療系・薬剤関連記事担当。看護師の友人がサービス残業を嘆いていた事から医療や看護施設の現状に興味を持ち情報収集を開始,発信している,おはぎが大好物な女の子♪