看護師 転職

自己破産して後悔していますか?


今回,ちょっとした仕事の縁から自己破産をした人たちの体験談をお聞きする機会があったので…

『自己破産して後悔していますか?』

『その後の生活はどのように変わったのでしょうか?』

など実際に自己破産の経験がある人たちの体験談を色々聞いてみました!

レディーズローズ

自己破産をした人には共通した1つの概念がありましたよ!

>全国対応~借金問題<
アストレックス
しっかり(内緒で)債務整理。

自己破産した人の体験談

今回ご紹介する自己破産した人の体験談エピソードです。

  1. 念願の起業!…でも次第に自転車操業に。
  2. パチンコで借金300万!
  3. リボ払い地獄!
  4. 仕事のストレスで買い物依存症に…。
  5. 両親がカードローンに陥って。
  6. 自営業での商品購入で借金200万円。
  7. 見込みによるコツコツ地獄。
  8. クレジットでの買い物になれた時に。

8人の体験談を見ていきましょう。

体験談①~うなぎさん

自転車操業
念願の起業!
しかし次第に収入が減り、いつしか自転車操業に…

[37歳 女性 うなぎさんの体験談]

私は30代になったとき、今まで貯めてきた貯金をはたいて事業を起こしました。

家族からはさして反対されなかったものの賛成もあまりされませんでした。

それは家族が私の事業について詳しく知らなかったからだと思います。

ある程度収入の見込みがありましたし、そのためにどういう金額をお客様からいただくか、というのも自分のなかで考えて実行していました。

最初はご祝儀もあったのだと思います。

うまくいっていました。

しかし徐々に客が減り、減ったことにより収入が減り、家賃も払えなくなってきました。

事務所を変えたらいいのではないかと思い、違うところに事務所を設け、それでまた借金が嵩みました。

家族から資金を借りるなんてことは、恥ずかしいので出来ませんでした。

人通りの多いところに事務所を設けましたので、以前より家賃が高くなりました。

しかし収入は相変わらず、思ったほど入りません。

家賃を払うため広告を出すためリース代を返すために借金をし、もうどうしようもなくなってしまいました。

家族に言えず…自力で解決しようとするが…

家族に頼ることもできませんし、自分のなかでどうすることもできなくなってしまい、自己破産をすることにしたのです。

最初は恥ずかしいことだと思っていましたし、自力で何とかしようと思っていました。

しかし、それが出来ないのが現状です。

自己破産をするために弁護士を探し、親身に話を聞いてくれる担当をつけてもらい自己破産をしました。

自己破産をし、事業をやめ、今は同じ仕事で雇われています。

自分の事業がいかにダメだったのかを知ることができますし、じっくりと同じ場所で腰をすえて仕事をすることの大切さを思い知りました。

借金もなくなった、という言い方はおかしいのですが、実際,なくなったと同じなので、集中して仕事が行えるようになりましたし、後悔はしていません。

 

レディーズローズ

起業をしたけど思うようにいかず、家賃・広告・リース代のすべてで借金をしてしまったという体験談でした。
家族に相談もできず、悩んだ末に自己破産をした結果、今は仕事も順調で、過去の自分を振り返る余裕もできて後悔していないようです。

体験談②~まさるさん

パチンコで借金
パチンコで借金300万!
愛想を尽かした妻は出ていき…

[36歳 男性 まさるさんの体験談]

3年前に自己破産しました。

私はパチンコがとても好きで、結婚してからも仕事帰りには必ず寄るほどでした。

戦績は勝ったり負けたりという感じでしたが、ある日大勝してしまったのです。

その後は前よりパチンコに行く頻度が多くなり、その分出費も増えました。

家族には内緒にしていましたので、自分の小遣いでやりくりしていましたが、そのうちお金が足りなくなりました。

そこでやめればよかったのですが、気が付くと店に足が向いてしまいます。

足りない分は銀行のカードローンで補いました。

借りては返しの繰り返しです。

気が付くと、借金が300万ほどに増えていました。

銀行のローンだけでなく、消費者金融にも借りました。

催促の手紙が自宅にも届くようになり、家族にもばれてしまいました。

幸か不幸か、子供がいなかったからなのか、妻は家を出ました。

ストレスをパチンコで埋める悪循環の末に…

止める人もいなくなった私は、給料もすべて返済に。

そのストレスをパチンコで埋める日々。

しかしもう返済は無理でした。

そこで自己破産を選択しました。

弁護士の方は丁寧に対応してくれて、そこは救われた気分でした。

その時の仕事は辞め、家も失ったので、上京して1人でバイトしながら暮らしています。

自己破産したことは後悔しておらず、むしろ良かったですが、借金したことは後悔しています。

 

レディーズローズ

ギャンブルの借金から抜け出す方法として、自己破産を選択。
仕事や自宅、失ったものは大きいけど、自己破産をして後悔ではなくむしろ良かったと思えた方の体験談でした。

体験談③~あきらさん

パソコンでリボ払い地獄
リボ払い地獄!
完全に金銭感覚が麻痺…

[54歳 男性 あきらさんの体験談]

30年前に60万円のパソコンをリボ払いで買ってから借金地獄は始まった…。

30年ほど前になりますが、それぞれのプロバイダーが運営しているパソコン通信というサービスがありました。

パソコン通信はプロバイダー同士の繋がりはなくて、契約しているプロバイダーの中に2ちゃんねるのようなSIGと呼ばれる掲示板が集まっているサービスでした。

私の友人がPCVANというパソコン通信の一つのSIGの管理者になっていたり、違う友人も同じPCVANでパソコン通信を行なっていて、私自身も当時パソコンでプログラムを開発していてパソコンが好きだったので、パソコン通信に興味を抱き始めました。

そこで、当時個人でパソコンも持っていなかった私はJCBでクレジットカードを作り、当時60万円くらいしたパソコンを購入して、パソコン通信を始めました。

パソコンはリボ払いで購入したのですが、リボ払いの利便性からその後パソコンの買い替えを行なったときや、衣服を購入したとき、そして、飲食をするときなど、リボ払いができるお店でクリジットカードをリボ払いで使用するようになりました。

そして、JCBカードのリボ払いの限度額になりこれ以上利用できなくなると、VISAカードを作って同じようにリボ払いで使用するようになりました。

当時はそれなりに給料はあって生活に不憫を感じる事はなかったのですが、自動で引き落とされる返済に何も感じることはなく、逆に無料で大きな買い物が出来ると思ってしまっていたものですから、お金を使いたくないと思うとリボ払いで支払う生活をしていました。

しかし、就職先を辞めて再就職をしようとしても見つからず、手元のお金も残り少なくなって生活が苦しくなっていきました。

普通に働いて生活していれば月々の返済額は苦にはならないですし、探していればそのうち見つかるだろうと思っていたので、銀行のカードローンで生活費と返済額分をキャッシングしながら就職先を探していたのですが、再就職先が見つからないままにキャッシングも限度額一杯になってしまいました。

借金はトータル280万円までに膨れ上がっていた!

結局JCBで100万円とVISAで80万円の返済残があり、キャッシングの返済残も100万円ほどになったので全額280万円ほどの借金が残ってしまいました。

結局支払いが滞ってしまい、お金返済の督促やら電話が来るようになり、生命保険の支払いに対しても催促の電話が来たりして悩んでしまい、姉に相談する事にしました。

姉は借金は帳消しになって、生命保険も含めて支払いの催促は来なくなるので、自己破産をしたらと言ってくれました。

私は帳消しになるならと思い自己破産をすることにして、当面の生活費は父親から援助を受けるとして、法テラスの無料相談の予約を行ないました。

そして、予約した当日に法テラスに向かい無料相談の弁護士が待っている部屋に行き、先にその部屋の前にある待合室のようなところで、私の名前や住所そして返済状況などを書いて、部屋の中に入りました。

部屋では弁護士は1人いて、その弁護士に私の状況を話すと自己破産が妥当だろうということになったので、その弁護士に自己破産の手続きを任せることにしました。

その後は何回か弁護士の事務所に行って必要な書類や通帳などを提出したり、書類に署名をしたり、借金を行なった事情などを話していました。

そして、自己破産の手続きは10月から始まったのですが、翌年の5月には自己破産が認められました。

自己破産をして良かったなと思える事

自己破産をして良かったことは、返さないといけないお金の存在が無くなり、自己破産の手続きに入った瞬間から催促の電話が来なくなったことでした。

催促の電話などがあったころは、落ち込んでしまい生きているのも辛かったですが、借金が無くなったことで心が楽になりました。

逆に悪かったことは、自己破産の申請中に就職先を探していて、前職に関係する就職先はもう無理だと思い、警備関係しか働けるところは無いと思い込んでしまい、病院の夜間警備や施設の警備の求人に申し込んでいました。

最終的には、市が緊急雇用として臨時職員を100人ほど求人かけていて、それに応募して採用されたので良かったですが、その後に自己破産の申請中に警備員にはなれないことを知って、無駄な時間を過ごしていたんだなぁと感じました。

ただ自己破産してよかったなぁとは本当に思っています。

 

レディーズローズ

リボ払いを繰り返したことで支払っている感覚が麻痺してしまったんですね。
専門家の無料相談を受けたことで自己破産を決断した後は、手持ちのお金だけで生活をするように…これって、すごくいいことですよね。
お金に対する考え方を変えられた自己破産という選択に後悔はない方の体験談でした。

体験談④~メルカメさん

買い物依存症
仕事のストレスから買い物依存症に!
借金額は300万円超!

[40歳 女性 メルカメさんの体験談]

30代の頃、仕事のストレスから買い物依存症になってしまい、気付いたら借金は300万円を超えていました。

会社が終わったあと、ブランドショップで次から次へと新作のバッグを購入してしまいます。

限度額いっぱいまでクレジットカードを使い果たすと、今度は別のカードへ。

借り入れを行っていた消費者金融の数も1社から3社に増えていきました。

最初は何とかなるだろうという軽い気持ちでいたのですが、あれよあれよという間に借金の額が増えていくのを見て、恐怖で一杯になりました。

プライドを捨てたことで一歩を踏み出せた

恥ずかしさをこらえて、大学時代の知人に相談。

知り合いの弁護士さんを紹介してもらいました。

プライドから自己破産という選択肢はとても辛かったのですが、生活の再建のためにはやむを得ないと思い、決断。

一歩を踏み出せた瞬間でした。

遠くに住んでいる兄弟や地方の両親にばれるのでは無いかとドキドキしていましたが、私の場合、弁護士の方がうまく対応してくれたので、連絡がいくことはありませんでした。

住所や氏名が官報に掲載されてしまうというリスクはありますが、借りたお金の返済に追われる日々から解放されることを考えれば「自己破産」という選択肢も捨てたものではありません。

現在では心療内科に通いながら、新しい仕事を頑張っています。

 

レディーズローズ

なんとかなるだろうと軽い気持ちで考えていた借金が、あっという間に300万円超にもなってしまい、
人生をやり直そうと自己破産をした結果、お金を返済する日々から解放されて新しい生活を送れているリスタート体験談でした。

体験談⑤~けいとさん

カードローン
年金だけでは生活できない…
両親がカードローンに陥って…

[48歳 女性 けいとさんの体験談]

事の発端は、両親が揃ってカードローンに手を付けていたことです。

私は、その巻き添えになってしまったのです。

同居する働かない弟、家族4人を養っていく為に、両親も年金だけではやっていけず、借金をする羽目になったようで、ずっと私には黙って増やしてしまったようです。

あちこちの消費者金融から借りては返しての繰り返しで、どうにも回らなくなって私にまで話が回ってきました。

消費者金融の人と共に、しつこくやってきて私が根負けしてしまったんです。

ですが、このままではどうにも解決しないと考え、時々無料で市町村がしている弁護士との相談会に自己破産について聞きに行きました。

そこで支払いを分割でもしてくれる弁護士の存在を知り、すぐに両親を連れて相談に行きました。

自己破産をして生活を見直せた

元々何も財産がない家ですから、何の問題も無く自己破産によるデメリットもありませんでした。

数年ローンが組めないとか、借金が出来ない等はかえって両親たちには良い事ですし。

私もその方が安心出来ましたし、もっと早くに自己破産すれば良かったと思いました。

金融会社の方とも弁護士の方がやり取りしてくれるので何も心配や困った事はありませんでした。

自己破産をきっかけに生活も見直す事が出来ました。

やって良かったと思っています。

 

レディーズローズ

両親のカードローンの解決方法として自己破産を選択したという体験談でした。
何のデメリットもなく、もっと早くに自己破産をすればよかったとまで思ったようです。
やはり自分だけで悩んでいるのではなく、無料の弁護士相談などを利用するのも1つの方法ですね。

体験談⑥~たれちゃん

商品を仕入れる人
自営業での商品購入のために借金200万円!
店の売上だけじゃ返済できなくて…

[30歳 男性 たれちゃんの体験談]

私は自営業をしていて、仕事の製品の購入や販売する商品を手に入れるためにお金を借りていました。

その総額は200万円近くに達していましたが、3年前くらいに返済ができない状況だと思ってしまい、借りている額が大きすぎたことで生活も苦労していました。

仕入れる商品を手に入れる方法がなくなり、しかも借金の返済が厳しくなったことで、親にも話をして債務整理を行ったほうがいいと結論づけました。

自己破産を行う決断をしたのは、すぐに収入を得られないからで、たくさんの収入を得るためには時間がかかると判断されたことも要因でした。

個人再生では厳しいかもしれないと言われたため、最終的に自己破産を行って、自分の借金を0にしました。

自己破産であらゆるものが失くなり生活は困難に、でも…

あらゆるものが失われて、生活は困難になりましたが、それでも借金を返済しなくなったことが良かったと思っています。

車がなくなってしまい、移動するにも自転車を使うことになったのはとても大変でしたが、それでも自己破産を行ったことで、これ以上の借金を作ってはいけないと思うようになり、お金の使い方を考えるようになりました。

自分が得ているお金を少しでも有効活用できるようにして、安心して生活できる取り組みを続けて、浪費癖が減ったのは良かったと思います。

 

レディーズローズ

自己破産を選択したことで日常生活に困難が生じても、お金の返済義務がなくなったというメリットは大きかったようですね。
お金の使い方に対して真剣に考えられるようになったのも、自己破産をしたから!という前向きにとらえられている体験談でした。

※ちなみに自己破産で車も引き取られるのかどうかは
なぜ自己破産で車をとられない方法とは?ローンの有無?それとも家族?をご参考に(^^)

体験談⑦~マルタケさん

自己破断した男性

ギャンブル、浪費の経験無し!
でも自己破産をするハメに…

[48歳 男性 マルタケさんの体験談]

塵と積もれば山となるとは、よく貯金やいい言葉として使われますが、この言葉は借金にも当てはまります。

私もこのパターンで多重債務に苦しみました。

ギャンブル、浪費を一切しないのに、借金はここまで膨らむのだと思いました。

その原因は、自分の中にある見込みでした。

今年の夏はボーナスが入る見込み、来年の4月には給料が増える見込み、見込みの癖が私にはありました。

当たり前などこの世にないはずなのに、当たり前だと思ってしまい、5年で2度の給料カット。

ボーナスも出なくなりました。

来年こそは…その繰り返しで、当時の生活水準を維持する為に借りては返し、そして収支のバランスが崩れていき、多重債務になり、正常に思考出来る状態じゃなくなり…自己破産の手続きへ。

人生の転換期と捉えお金の価値観がシンプルに

手続き後は、何かダメ人間のレッテルを貼られた様な気分になりました。

友人がクレジットカードを当たり前の様に使う姿を見て、嫉妬もしました。

しかし、時が経つにつれて、自己破産に救われたと思う様になりました。

それは、借金苦の渦中は、毎日、返済の事ばかり考えていて、いつの間にか人を避けた人生でした。

しかし、今、ブラックリストに載ったのは事実ですが、誰が攻める訳でもないですし、ここを人生の転換期と思えば、お金への価値観も変わる。

そう思った瞬間、気が楽になっていきました。

大きな買い物をしたければカードではなく、貯めればいいと言うシンプルな考え、子供時代にやっていた事を今、やればいいと。

それを戒めと思えば、この先は明るい、そう思う様になりました。

借金をした事は後悔していますが、その事でお金への価値観をシンプルに考えられたのも事実です。

今度は貯める楽しさを覚えていきたいですし、そう思える自分が今、います。

 

レディーズローズ

自己破産を人生の転換期と捉えたことは大きいですよね。
現金での生活を心がけるようになって、お金に対する考え方、人生そのものもシンプルになり、新しい生活をスタートしているという体験談でした。

体験談⑧~湘南の貧乏さん

カードローン
買い物依存で借金700万円!
いつの間にか歯止めが効かなくなり…

[年齢不詳 湘南の貧乏さんの体験談]

私は今から8年ほど前に債務整理、それも自己破産を経験しました。

自己破産に至った理由は単純で、買い物でクレジットカードを使いすぎたのが原因です。

最初は、カード払いで靴とか洋服とか比較的に安価なものだけしか買っていませんでした。

しかし、そのうちだんだん慣れてきてしまい、オーディオ機器などの高額なものまでクレジットカードで購入するようになってしまいました。

当然、1回の支払いでは返済しきれないので、リボ払いを使うようになり、それがあっという間に積み重なって結局首が回らなくなって、いつの間にかカードの残債は700万円に…

自己破産から7年以上が経過しクレジットカードも作れた

債務整理が専門の弁護士事務所に相談したところ、過払い金返還請求とかではなくて、自己破産を行ったほうがいいとの判断となりました。

自己破産してみた感想は、はっきり言って自己破産してよかったなという感じです。

自己破産の申請を開始した翌日から毎月20万円以上あった返済が0円になったのですから、もちろん生活はとにかく楽になりました。

そして、およそ3,4ヶ月ほどで手続きも終わり、自己破産の免責もおりて、すべての借金が完全にチャラになりました。

クレジットカードが作れない、使えないというのは少し不便でしたが、今では自己破産から7年以上が経過してクレジットカードも作れるようになっています。

そして、現在はごくごく普通の生活を送っています。

 

レディーズローズ

債務整理の専門家に相談して自己破産をした結果、多額の返済から解放され生活が楽になり、
自己破産から7年以上が経過した今では、クレジットカードも作れる普通の生活を送れているんですね。
自己破産をした後悔は全く無い方の体験談でした。

まとめ~自己破産した人の体験談

今回はひょんな機会があり,自己破産をした人の体験談エピソードをご紹介させてもらいました。

8人とも借金をするほどお金を使った事に対しては後悔されていました。

…が自己破産をした事に対しては後悔されていませんでした。

結果的にお金に対しての考え方も変わり、金銭を借りない新しい生活を送っているようです。

体験談から分かるように、返す方法や金額のことを考えて頭を悩ませていた日々に比べれば、返済義務から法的に免除されて、

新しい人生をスタートできる自己破産に大きな後悔はないと思います。

>全国対応~借金問題<
アストレックス
しっかり(内緒で)債務整理。
The following two tabs change content below.
mikako
mikako
主に債務整理など法律に関する記事担当。最近,彼氏ができたのか(本人は否認w)口臭ケアサプリ関連にも興味を示し実際に購入して効果を実証。フクロウ大好き娘。