最近は就職難ですし、ますます行政保健師の人気が高まっています。

元々、行政保健師は絶対数が少ないですし、求人もいい条件のものほどあっと言う間になくなってしまいます。

こんなに人気だと、『行政保健師の転職って難しいのかな…?』と悩んでしまいますよね^^;

看護師 転職

私の友人が行政保健師の求人を探した経験や友達保健師からの情報を元に、どうしたら最短で好条件で転職できるかをご紹介しますね!

行政保健師は2種類ある!知っておくと求人も探しやすい!

行政保健師には2種類あります。

まずは詳細から見ていきましょう。

そもそも、行政保健師とは?

行政保健師とは、都道府県や自治体の保健所や保険センターで働く保健師のことを「行政保健師」と呼びます。

行政保健師には2パターンあり、同じ行政保健師でもその仕事内容は変わってきます。

現在、保健師は全国で4万人いますが、その7割は行政保健師です。

都道府県が設置した保健所の保健師

幅広いケアが求められるのが保健所の保健師です。

障害者や難病患者・新型の病気などのケアや危機管理。

それに地域の保健師の研修を行っています。

地方自治体が設置した保健センターの保健師

より地域に密着しているのが保健センターの保健師です。

お年寄りや新生児のいるお宅への訪問や健康相談・健診などを行っています。

最近は、児童虐待や育児放棄やネグレクトなどの防止のためにも、母親の相談にのることも多いです。

どっちの行政保健師がいいの?

どっちがいいの?と言われると好みなので、一概にどちらの仕事がいいとは言えませんが、人材育成や健康の幅広い分野に携わっていきたい場合は都道府県の保健師。

人を相手に地域に根付いたことであれば、地方自治体の保健師が向いているでしょう。

労働条件がよければどっちでもいい!というのであれば特に気にする必要はありませんが、『せっかく務めたのなら、長く働きたい!』と思うのであれば、どちらかざっくりでも決めておくと自分に合った行政保健師の職場を探しやすくなりますよ^^

好条件の行政保健師の求人を最短で見つける!

行政保健師の場合、都道府県や地方自治体のお仕事なのでハローワークにも求人は出てくることが多いです。

なので、行政保健師の求人を探すならまずはハローワークに行くのも手です。

なんですが….!!!

仕事の合間をぬっていくのも大変ですし、採否結果が遅いのもハローワークの特徴。

それであれば、国内の行政保健師の求人を全て見ることができる『看護師転職サイト』で探すのがオススメです!

同時並行して探していくっていうのもアリですが、結局扱う求人は一緒なので転職サイトの方が断然ラクです!

なので個人的には、転職サイトでの転職活動がおすすめです^^

転職サイトを使うと無料で専任のコンサルタントがつくので、いちいち求人を探さなくてもコンサルタントさんから提案されるのもかなり転職がラクになります^^

それでは、転職サイトを使って、好条件の行政保健師の求人を最短で見つける方法を紹介しますね!

行政保健師の求人を最短で見つけるには?

行政保健師の求人は、競争率が高いのでスピード勝負!

求人数自体が少ないので、かなり激戦します。

そんな時は、転職サイトのコンサルタントさんに、

『求人がでたらすぐ連絡ください!』
『すぐにでも転職したいんです!』

と伝えておくと、求人がでた瞬間に教えてくれます(笑)

ハローワークに張り付いているわけにもいきませんし、これでスピードはライバルに一歩差をつけることができます。

行政保健師の好条件の求人を見つけるには?

具体的な希望条件をコンサルタントさんに伝えておく!

行政保健師の中でも職場によって条件は色々異なります。

まぁ、ハローワークでそんなワガママ言ったら怒られてしまいそうですが^^;

出来ればいい条件で働きたいですよね。

そんな時は、まずは自分の希望条件をしっかり固めておくことが大事ですよ!

そしてそれをコンサルタントさんに伝える!

『土日祝日休みで、年収600万円以上!』など具体的に伝えましょう。

コンサルタントさんも紹介しやすくなりますし、いい条件の求人を見つけてきてくれます。

行政保健師の転職を成功させるには?

履歴書添削と職場の面接のポイントを、事前にコンサルタントから聞く!

いい求人が見つけられても、転職できなければ意味がありません。

そうそう転職なんてしませんから、転職が成功しやすし履歴書の書き方や面接の仕方なんてわかりませんよね^^;

実は、これも転職サイトのコンサルタントさんに教えてもらうことができるんです!

いやいや、ホントありがたいですよね。

希望者のみに無料で行っているサービスなんですが、これを受けると受けないではかなり転職成功率が変わりますよ!

行政保健師じゃなくても、いい条件であればいいんだけど….。

行政保健師にもしこだわりがないのであれば、グッと求人も見つけやすくなります^^

行政保健師の仕事は確かに魅了的ですけど、他の保健師やクリニックなども条件的にはいいのかーと思ったりもします。

わたしも転職のときに行政保健師も探してみたんですが時期的に見つからなくて、結局土日祝日休みのクリニックをコンサルタントさんに紹介されてそっちに転職しました。

行政保健師もやりたかったですけど、条件がかなり良かったので今はこっちで満足しています^^

もちろん、行政保健師をやりたい!というのであれば、そこに絞って求人を探すのも全然アリだと思いますよ!

あと、転職サイトとかって登録するとスグ転職しなきゃしけない感じがすると思うんですけど、別にそうではなくて情報収集としても使えるからかなり便利です。

まとめ~行政保健師の求人のコツ

看護師 転職

人気の行政保健師の求人はスピードが命!

転職サイトで情報収集&専任コンサルタントさんをフルに使う!

これが行政保健師の転職で成功するコツですね^^ぜひ参考にしてみてください。


最後に看護師求人サイトをランキングにしたページを紹介しておきます♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
chika
chika
主に医療系・薬剤関連記事担当。看護師の友人がサービス残業を嘆いていた事から医療や看護施設の現状に興味を持ち情報収集を開始,発信している,おはぎが大好物な女の子♪