今ご自身が住んでいるガスは、どこの都市ガスを使用しているかご存知ですか?
今回は、都市ガスの料金・メリット・デメリットなどを紹介していきます。

都市ガスとは?

都市ガス,炎

都市ガスとは、その名の通り都市の家庭や工場に、地下に張り巡らされた配管を通って供給されるガスのことです。

燃える気体であるメタンを主成分とする天然ガスで、都市ガスの供給会社は全国に200社以上もあるんです。

東京ガス、京葉ガス、大阪ガス、東邦ガスなど…と住んでいる都市によって都市ガス会社の名前は変わります。

都市ガスの料金

都市ガスの料金の仕組みはどのようになっているのでしょうか。

都市ガスは、水道や電気と同様に公共料金として扱われます。

公共料金なので、ガス会社が自由に価格を決めることができないため急な値上がりなどがなく、料金の変動が少ないのが特徴です。

都市ガスの料金は、基本料金と従量料金(単価 ✕ 使用量)で計算します。

基本料金

都市ガスの基本料金は、全国的にあまり差はなく、全国平均すると1,000円前後になります。

プロパンガスの基本料金の全国平均額が約2,000円なので、1,000円前後の料金差があります。

基本料金は、ガスの使用量が多いと上がるので、1ヶ月のガスの使用量によって基本料金も変動します。

従量料金

従量料金は、ガスの使用量によって発生する費用のことです。

平均すると1単位辺り(1㎥)の料金は300円前後になります。

従量料金も1ヶ月のガスの使用量によって変動しますが、基本料金と違い、ガスの使用量が多いと従量料金は下がります。

都市ガスのメリット

2017年に都市ガスの自由化が始まりましたね。

都市ガスの自由化によって、メリットは増えたのでしょうか。

電力自由化

料金がプロパンガスに比べて安い

都市ガスの最大のメリットは、料金が安いことではないでしょうか。

業者によって自由に価格設定をされてしまうプロパンガスに比べて、料金変動が少ないので、毎日ガスを使う身としてはかなり安心ですよね。(^^)

ガス料金の大幅な値上げなどがない

都市ガスは、公共料金です。

そのため、原料が高騰したからといってガス会社が勝手に大幅な料金の値上げなどを行うことが出来ません。

値上げをするには国からの許可が必要になるからです。

二次災害を防げる

都市ガスは、震度5以上の揺れを感知すると、ガスメーターが自動でストップします。

災害時にすぐにガスの供給がストップできるので二次災害などを防ぐことができるのは、地震大国である日本にとっては非常に安心できる機能ですね。

環境に優しい

日々の暮らしが便利になるにつれて各家庭からの二酸化炭素の排出量は増えていきますよね。

都市ガスは、プロパンガス同様に二酸化炭素の排出量が少なくクリーンなエネルギーなんです。

スペースを必要としない

ガスボンベにガスを充填して供給するプロパンガスと違い、都市ガスは地下の配管を通して供給されるので、ボンベなどの置き場が必要ありません。

プロパンガスを使う時に意外に場所を取り邪魔だなーと思ってしまうのが、ガスボンベだったりします。(^_^;)

都市ガスのデメリット

何事にもいい面があれば悪い面もあります。(*_*)

都市ガスのデメリットについて見てみたいと思います。

都市ガス,デメリット

災害時の復旧が遅い

メリットでは、都市ガスは地下の配管を通って供給されるので場所を取らないとご紹介しましたが、災害時には配管が地下にあるため、地下を掘ってガス管の破損をチェックし、配管を交換する必要があるので、復旧が遅くなってしまいます。

プロパンガスに比べて熱量が少ない

都市ガスの熱量は、プロパンガスの約半分です。

でも熱量が少ないからと言って、火力にはほぼ影響しません。

火力は、ガス器具によって調整されるので使い勝手に差はないんですね。

初期費用がかかる

ガスの配管工事に費用がかかります。

宅地近くまで配管が通っていない場合などには、高額の工事費用を覚悟する必要があるかもしれません。

使用器具が違う

都市ガスは、ガスの種類によってガス器具を変える必要があります。

引越しなどをした場合、その都度ガス器具を変えるのは面倒だし、お金がかかりますね。

知らずに使うと事故の原因にもあるので、引越したらまずはガスの種類を確認しましょう。

地方や小さな村では使用できない?!

地方や小さな村など、ガスの配管が通っていない地域では都市ガスは使用できません。

まとめ

都市ガスは大幅な値上げなどがなく安いというイメージがありますが、初期費用を必要としたり、使用しているガスの種類によってガス器具の買い替えが必要になってきたりします。

プロパンガス、都市ガスどちらのメリット・デメリットも踏まえた上で、自分の生活スタイルに合ったガスを選ぶ参考になれば嬉しいです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
子育てママ
子育てママ
1児の愛娘を育てながらブログ活動をしている現役ママです。皆さんの参考になるブログサイトを目指して日々更新中です♪