債務整理には色々な方法があります。

自己破産は特殊なイメージで単独なものと思われがちですが、実は債務整理のひとつなんです。

そんな債務整理の中で「任意整理」をする人が1番多いのではないでしょうか?

この記事では、任意整理をすることを前提として「債務整理のデメリット」をご紹介したいと思います。

債務整理をするデメリットは?

債務整理をすると、借金が減額または無くなったり、弁護士や司法書士に依頼したことによって催促がストップするなどのメリットがありますが、任意整理をした場合のデメリットには一体どんなものがあるのでしょうか?

ブラックリストに入るので、新規借入れやクレジットカードはNG

債務整理の手続きをすると、ある一定の期間は信用情報機関のJICCやCIC、KSCに記載されます。

この信用情報機関のリストが俗に言う「ブラックリスト」になります。

任意整理の場合、5年ほどこのブラックリストに記載されるので、その間は新規で借り入れをすることやクレジットカードを作ることはできなくなります。

借金があり支払い能力がないと見なされてしまうのは仕方のないことです。

スマホが契約できない!

債務整理をすると、スマホまで回収されてしまうのではないか?と不安になりますよね。

でも任意整理なら、1部の債権者だけを任意整理することが出来たり、自分で債権者リストを決められるので、携帯会社を債権者リストから外してしまえばいいのです。

ただ端末の割賦契約での購入は出来ないと思って下さい。

端末を一括払いで購入してしまえばスマホを使うことが出来ます。

ただし、任意整理後に携帯電話の利用料金の未払いがなければの話になります。

※割賦契約とは?
購入代金を分割して支払う特殊な売買形態のことです。

住宅ローンが組めない、車を所有できない

任意整理は債権者リストを自分で決めることが出来るので、住宅ローンや車のローンを組んだ会社を債権者リストに入れなければいいのです。

そうすればマイホームを手放さずに借金を減額して返済することができます。

ローンが残っている場合は、ローン完済まではその名義はローン会社になり、所有者は自分ではなくローン会社になるのです。

携帯の割賦契約と同じで、多額の資金を必要とせずに購入代金を分割して支払っていることと同じになります。

割賦代金を完済しなければ、自分のものにはならないのです。

借金が全て免除される訳ではない

債務整理とは借金が無くなることではなく、借金を整理して返済額を減らし、無理のない生活が出来るようにする方法です。

任意整理は、借金を減額して3年程度で分割払いしていくので、大幅に借金が減るわけではありません。

自己破産でない限り、債務整理をしたからといって借金が全て免除になるわけではないのです。

債務整理に応じてくれない場合がある

任意整理は、ある程度の収入がないとできないので、今の返済額を減らしたい債務者にとっては最適な方法になります。

裁判所を通さずに済んだり、債権者を選べたりと比較的融通がきくため、債権者の中には応じない業者もいるようです。

その場合は、債権者リストから外すか、他の債務整理の方法を考えなければなりません。

弁護士、司法書士の費用がかかる

弁護士や司法書士へ依頼して行うので、その費用がかかってきます。

裁判所を通さない分、他の債務整理よりも費用はかかりませんが、借金が減額でき返済できるので必要不可欠な出費といえます。

<参考>

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
mikako
mikako
主に債務整理など法律に関する記事担当。最近,彼氏ができたのか(本人は否認w)口臭ケアサプリ関連にも興味を示し実際に購入して効果を実証。フクロウ大好き娘。