借金は職場の同僚や上司にバレる?

借金をしている…出来ればというより絶対に人に知られたくないですよね。

それがたとえ家族であっても…

ましてや職場に借金の事実がバレるなんて考えたくもない!

借金をしている人なら誰もがそう思うのではないでしょうか?

住宅ローンや車のローンなら、一般的なものなのでバレたとしても特に支障はないですが、

消費者金融やカードローンとなると話は違ってきますよね。

絶対にバレたくない…社会人なら信用問題にもなります。

正当な理由がない限り、本人以外に借金の通知をすることは賃金業法で禁止されているので、職場に電話がかかってくるには理由があります。

では、一体どんな時に職場にバレてしまうのでしょうか?

職場に在籍確認の電話がくる可能性はある

残念ながら、在籍確認として職場に電話がくることがあります。

キャッシングを申し込む時に、必ず勤務先を記入しますよね。

記入したことに嘘がないか確認する在籍確認のためです。

事実確認ですね。

では職場に借金がバレちゃう?

在籍確認のため職場に電話がかかってくるなら、借金していることがバレるんじゃないか心配になりますよね。

でも消費者金融の場合、「〇〇消費者金融ですが、〇〇さん…」という電話はかけてきません。

消費者金融の社名は名乗らずに個人名でかけてきます。

銀行は、基本、銀行名でかけてきます。

個人名でかけて下さい、と事前に頼めば個人名でかけてくれるようです。

でも銀行からの電話は、何度も電話がない限り、借金の催促の電話だろうとはあまり思われない

また、在籍確認といっても、本人が電話に出て、フルネームを確認するだけで終わる簡単なものなので、そんなに構える必要はありません。

もし職場にバレるのが心配なら

それでも借金が職場にバレることが心配なら、クレジットカードの発行で、もしかしたら電話がくるかもしれないと伝えておくと安心です。

クレジットカード会社によりますが、実際クレジットカードの申込みで在籍確認をする場合もあります。

借金がバレる3つの原因

では、借金はどんな原因でバレてしまうのでしょうか?

ここでは3つのバレる原因を紹介したいと思います。

借金返済が遅れすぎると職場にバレる?

当たり前ですが、借金返済が遅れて本人が指定した連絡先に電話しても連絡がとれない場合、どうにかして本人と連絡を取ろうと職場に電話がかかってくることはあるでしょう。

もちろん、直接連絡を取っていれば別ですが、催促の電話を無視していると自分の首を絞めることになります。

自宅や携帯に電話しても連絡が取れない、緊急連絡先でもダメ…など

職場以外の連絡先がどうしても分からない場合は、「正当な理由」として職場に連絡がきてしまいます。

延滞期間が長いと差し押さえで職場にバレる!

延滞期間が長期になってしまうと、、給料の差し押さえをされる可能性があります。

滞納し続けた借金を回収するための強制手段です。

給料差し押さえの場合は、必ず職場に連絡がいくのでバレています。

本人が退職したりして逃げてしまわないように、差し押さえは突然実行されます。

ちょっとでもマズイなと思う状況になったら、職場にバレないためにも、早めに債権者と連絡をとりましょう。

自己破産や個人再生は職場にバレる

自己破産や個人再生の債務整理をすると官報(国が発行する公文書)に掲載されるので、職場にバレる可能性はあるかもしれません。

が、実際には、官報を見る人はほとんどいないと思うので可能性としてはかなり低いでしょう。

でも何事にも万が一があるので絶対ではありません。

借金をバレずに解決するには任意整理がベスト

職場にバレずに借金を解決したいなら、任意整理がベストです。

弁護士・司法書士に依頼して債務整理を行うので、まず情報がもれることはありません。

債権者から連絡や通知などもきません。

5年間、新たにクレジットカードを申請できない、キャッシングができないので、もしかしたら家族にはバレそうになるかもしれませんが、そこは何とか乗り切りましょう。

借金が職場にバレないかビクビクしないためにも、借金はしっかりと返済していくことが大切です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
mikako
mikako
主に債務整理など法律に関する記事担当。最近,彼氏ができたのか(本人は否認w)口臭ケアサプリ関連にも興味を示し実際に購入して効果を実証。フクロウ大好き娘。