自己破産を検討した時に、「いくらからなら自己破産できるの?」と疑問に思うことがありますよね。

実際、私も債務整理をする前はいくらの借金だったらこれができる、という基準があると思っていました。

今回は「自己破産はいくらから?」というところにポイントを絞ってお話します。

自己破産をするのに借金額がいくらかは関係ない!

実は自己破産をする際に、「じゃあ、あなたの借金は〇〇円だから自己破産ができるね」という基準はないんです。

いくらという基準がないから、膨大な借金を抱えた人しか自己破産はしないもの、と思われているかもしれません。

でも、重要なのは金額がいくらかではなく、「返済能力」なんです。

いくらから自己破産という線引きが出来ない

自己破産 いくら
自己破産の判断基準は、「いくら借金があるか」ではなく、「支払い不能状態なのか」になります。

例えば、借金が50万円で月の支払額が10万円、給料が8万円の場合

給料よりも月の支払額が多い…

これでは生活が出来ないので支払いは無理ですよね。

逆に借金が500万円で月の支払額が10万円、給料が20万円の場合借金額は大きいけど、給料から月の支払額を差し引いても10万円あります。

支払い能力は十分にあるので、自己破産しなくても大丈夫。

ちょっと大袈裟な例ですが、金額がいくらからかの線引きができないとはこういうことになります。

重点的に見られるのが1ヶ月の収支状況

生活できる金額がいくら手元にあるのか?

これを判断するのに、1ヶ月の収支状況を基準にすることが多いようです。

家賃や返済で9万円を月に支払うのに、給料が10万円だとすると、1万円しか手元に残りません。

1万円で光熱費や食費をやりくりするのは、いくらなんでもちょっと無理がある…

健全な生活ができる状態ではない、支払不能状態になりますよね。

でも価格のボーダーラインが欲しいなら

自己破産 いくら
10万円の給料に対して、30万円以上の借金がある…

いくらなんでも支払っていくことは出来ない…

目安としてですが、給料の3倍位以上の借金がある人は、自己破産も視野に入れていいのではないでしょうか?

でも、借金解決法は他にも種類があります。

・自己破産
・任意整理
・個人再生
・特定調停

もし、借金がいくらからなら自己破産できるかで悩んでいるなら、まずは専門家に相談してみると、いい解決法が見つかるはずですよ。

<参考>

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
mikako
mikako
主に債務整理など法律に関する記事担当。最近,彼氏ができたのか(本人は否認w)口臭ケアサプリ関連にも興味を示し実際に購入して効果を実証。フクロウ大好き娘。