30年前に60万円のパソコンをリボ払いで買ってから借金地獄は始まった…。

30年ほど前になりますが、それぞれのプロバイダーが運営しているパソコン通信というサービスがありました。

パソコン通信はプロバイダー同士の繋がりはなくて、契約しているプロバイダーの中に2ちゃんねるのようなSIGと呼ばれる掲示板が集まっているサービスでした。

私の友人がPCVANというパソコン通信の一つのSIGの管理者になっていたり、違う友人も同じPCVANでパソコン通信を行なっていて、私自身も当時パソコンでプログラムを開発していてパソコンが好きだったので、パソコン通信に興味を抱き始めました。

そこで、当時個人でパソコンも持っていなかった私はJCBでクレジットカードを作り、当時60万円くらいしたパソコンを購入して、パソコン通信を始めました。

リボのお陰でお金が増えた間隔になり、普段でも利用するように…。

パソコンはリボ払いで購入したのですが、リボ払いの利便性からその後パソコンの買い替えを行なったときや、衣服を購入したとき、そして、飲食をするときなど、リボ払いができるお店でクリジットカードをリボ払いで使用するようになりました。

そして、JCBカードのリボ払いの限度額になりこれ以上利用できなくなると、VISAカードを作って同じようにリボ払いで使用するようになりました。

当時はそれなりに給料はあって生活に不憫を感じる事はなかったのですが、自動で引き落とされる返済に何も感じることはなく、逆に無料で大きな買い物が出来ると思ってしまっていたものですから、お金を使いたくないと思うとリボ払いで支払う生活をしていました。

しかし、就職先を辞めて再就職をしようとしても見つからず、手元のお金も残り少なくなって生活が苦しくなっていきました。

普通に働いて生活していれば月々の返済額は苦にはならないですし、探していればそのうち見つかるだろうと思っていたので、銀行のカードローンで生活費と返済額分をキャッシングしながら就職先を探していたのですが、再就職先が見つからないままにキャッシングも限度額一杯になってしまいました。

借金はトータル280万円までに膨れ上がっていた!

結局JCBで100万円とVISAで80万円の返済残があり、キャッシングの返済残も100万円ほどになったので全額280万円ほどの借金が残ってしまいました。

結局支払いが滞ってしまい、借金の返済の督促やら電話が来るようになり、生命保険の支払いに対しても催促の電話が来たりして悩んでしまい、姉に相談する事にしました。

姉は自己破産すると借金は帳消しになって、生命保険も含めて支払いの催促は来なくなるので、自己破産をしたらと言ってくれました。

法テラスに自己破産の無料相談しに行ってきました

私は借金が帳消しになるならと思い自己破産をすることにして、当面の生活費は父親から援助を受けるとして、法テラスの無料相談の予約を行ないました。

そして、予約した当日に法テラスに向かい無料相談の弁護士が待っている部屋に行き、先にその部屋の前にある待合室のようなところで、私の名前や住所そして借金の状況などを書いて、部屋の中に入りました。

部屋では弁護士は1人いて、その弁護士に私の状況を話すと自己破産が妥当だろうということになったので、その弁護士に自己破産の手続きを任せることにしました。

その後は何回か弁護士の事務所に行って必要な書類や通帳などを提出したり、書類に署名をしたり、借金を行なった事情などを話していました。

そして、自己破産の手続きは10月から始まったのですが、翌年の5月には自己破産が認められました。

自己破産して良かったと思うこと

自己破産をして良かったことは、借金が無くなり、自己破産の手続きに入った瞬間から催促の電話が来なくなったことでした。

催促の電話などがあったころは、落ち込んでしまい生きているのも辛かったですが、借金が無くなったことで心が楽になりました。

自己破産して悪かったと思うこと

逆に悪かったことは、自己破産の申請中に就職先を探していて、前職に関係する就職先はもう無理だと思い、警備関係しか働けるところは無いと思い込んでしまい、病院の夜間警備や施設の警備の求人に申し込んでいました。

最終的には、市が緊急雇用として臨時職員を100人ほど求人かけていて、それに応募して採用されたので良かったですが、その後に自己破産の申請中に警備員にはなれないことを知って、無駄な時間を過ごしていたんだなぁと感じました。

※自己破産についての詳しい情報は?

当サイトでは自己破産について、なるべく分かりやすく解説しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
mikako
mikako
主に債務整理など法律に関する記事担当。最近,彼氏ができたのか(本人は否認w)口臭ケアサプリ関連にも興味を示し実際に購入して効果を実証。フクロウ大好き娘。