ネイリストの資格を取ろう!種類比較

ネイリスト

人気の職種ネイリストにも様々な資格があるのをご存知でしょうか。

ネイリストとは爪のケアや爪の表面にアートをしたり、内容は色々。

カリスマネイリストも現れ、女性には人気の資格となっています。

ネイリストの仕事は資格が無いと出来ないわけではアリませんが、ほとんどの人が資格取得に向けて勉強しているのは確かです。

有名な資格や有利な資格は、どのようなものがあるのでしょうか。

比較してみましょう。

◆JNAジェルネイル技能検定試験


ジェルネイル検定
日本ネイリスト協会が主催するものです。

試験には実技と筆記があります。

ジェルネイルはサロンでは欠かせないものとなり、この資格をもっているとジェルに対する知識、技術をもっているとみなされます。

サロン、お客様からの信頼も生まれ自信にもなりますよね。

ジェルネイルの良い点は発色の良さと、長持ちすること。

趣味で始めた人もジェルに関して勉強するならおすすめの資格。

ジェルネイル技能検定には、上級、中級、初級とあり、事前審査(10分)があります。

事前審査の内容は

・テーブルセッティング
・消毒管理
・爪の状態
が見られます。

テーブル周りには十分気をつけましょう。

最初は初級から受験がおすすめですが、サロンに就職を考えている人は中級はもっておいた方がいいかもしれません。

中級の受験内容は実技(120分)筆記(30分)と基礎意外にも、ジェルのオフの仕方やジェルに関する理論などが課題とされます。

◆JNECネイリスト技能検定


ネイル検定
歴史あるネイリスト技能検定(ネイル検定)

1.2.3級とあり、始めての人は3級からの受験になります。

受験内容には

・ネイルケア
・カラーリング
・ネイルアート
です。

級にもよって内容変わりますが、カラーリング、ネイルケア、アートはネイリストの命です。

それと違いジェルネイル検定の方はジェルに対しての知識や技術を必要とします。

3級はそんなに難しくないので、趣味で取得するのにもいいと思います。

今後国家資格になるのか

ネイリストの資格が国家資格になるという話は、噂で聞いた人もいると思いますがそれはまだまだ先の話。

しかし人気は高まる一方で、資格を取るなら今のうちに取っておいた方がいいです。

アメリカでは州ごとの免許制ですが、現在の日本ではネイルは民間資格です。

ネイリストになりたかったら、無資格で求人サイトをみて応募するか、民間資格を取得してネイリストになるしかありません。

美容師免許の様に国家資格になるにはそう簡単にはいかなさそう。

難易度は?


ネイリスト
では、資格を取るに当たって難易度はどうなんでしょうか。

思うに、ネイル検定の3級は独学でも取得出来るので、最初に取るにはもってこいの資格だと言っても良いと思います。

ジェルネイルも忘れちゃいけません。

ネイル検定3級→ジェルネイル検定初級という順番がベストです。

ネイル関連の仕事が合っているか、わからない人はこの入門編から取得してみるのもおすすめです。

サロンワークで必要とされる知識、技術はネイル検定2級→ジェルネイル検定中級程度。最低限取得しておきたい資格です。

将来開業する予定やお店をオープンしたい人は、1級&ジェルネイル上級ももっておくと信頼度アップしますね。

試験の流れを覚えながら、合格率とコツを掴んでいきましょう。

不器用でもネイリストになれるの・・?

不器用だからネイリストにはなれないんじゃ・・という人でも悩んだりする事はありません。

資格を取った後でも、何回も練習することで上手になったりするものだと思うんです。

不器用だからと言ってネイルアートが出来ないということでは無いと思います。

まさに、チリも積もれば山となる!ですよね。

ネイリストの皆さんが100人中100人、器用だとは思っていません。

色んな人の爪や手の形を見て、爪の状態や栄養状態をアドバイスできるネイリストを目指したほうが魅力的にも感じます。

どんな仕事にも、言えることですが得意分野、苦手分野を分けると乗り越えられる気がします。

筆を使うようなネイルアートが苦手な人は、ネイルケアや3Dアートを得意としたり、立体アートが苦手な人は、ジェルが得意だったり。。

それぞれ売りとなるものがあれば、お店側もそういう人材を必要とするような気がします。

手先が不器用だからと言って諦めるのはNG!

◆ネイリストのセンスは磨かれる!?


カラーチャート
ネイリストとしてもう一つ大事なのが、お客さんが求めているものを与えたり、提案する力を身につけることだと思います。

ネイリストの人や美容師の人はお客さんから、髪の毛や爪、手の悩みに答え、アドバイスしその人に合ったデザインを作り出します。

お客さんが気に入らなかったら、クレームにもなりますが、センスやデザイン力は磨かれるものです。

新人のうちは先輩や有名ネイリストを参考にしましょう。

資格取得後は、自分の得意なデザインや得意分野を伸ばすのもステキだと思います。

実際に、ネイルEXPOは人気ネイリストの人や最新ネイルデザインが見られます。

資格だけじゃない!出来るネイリストはトレンドに目を向ける

どんなネイリストが支持されるのでしょうか。

お客様も十人十色。

今までネイルサロンに行った中で人気のある人は、器用な人でも可愛い人でもありませんでした。

人の気持ちが読める、接客力のある人です。

ネイルサロンに足を運ぶ、お客さんは少なからずオシャレな人。

流行りやトレンドに敏感になるとデザイン力も身につきそうです。

ファッションや流行りカラーに目を向けて、情報力をつけておくと喜ばれます。

ネイリストの仕事は、会話力も大事。

ネイルの資格・・通信だと安い?

ネイル検定
ネイルスクールだと時間もお金もかかってしまいます。

ネイルの資格も中級当たりからは難しくなってきて独学でも無料セミナーに通う事がおすすめ。

スクールだと料金が高そうですが、通信だと安く済むのでしょうか・・?

それなら通信でコッソリ資格取ってネイルサロンで働きたい!

学費は、月額と一度にまとめて支払うパターンとありますが、金銭的に余裕がない場合は月額にしておくと安心ですね。

そして、通信講座はスクールと比較して、断然安いのも特徴。

インターネットで見てみたら、通信講座は20万-60万くらいで学ぶ事が出来ます。

級によったり、コースにより本当に様々です。

まずは、予算と気になる級を決めてからの方が合格率は上がりますね。

通信講座の場合、カリキュラムも組まれているので自分で予定を立てることが得意な人には向いているやり方です。

夢に向かって走りましょう!

こちらもおすすめ。

ネイル検定は独学で取れる?

まとめ

いかがでしたか。ネイリストの資格はもっていると就職にも有利で、自信にもつながります。

将来開業したい人も、今後に役立つので是非おすすめの資格です。

ネイル業界はますます、大きくなり衛生面や新しい感性を取り入れていかないといけないですが、通信講座の場合はスクーリングがあることもあるのでそこで友達を作るのも一つの手段です。

通信講座を受ける際は、場所を選ばずに予定を立てられる事がメリットです。

隙間時間を存分に活用しましょう。