ジェルネイルとは?

よく耳にするジェルネイル。

女性にとても人気があるネイルですがここ数年の間にすっかり、定着してきました。

以前はマニキュアが主流でしたが、若い女性を中心に人気が高まって来ていますね。

透明感がステキなジェルネイルはマニキュアと、どう違うのでしょうか。

ネイルをしている女性は、指先の仕草が女性らしく見え愛らしいです。


ぷっくり可愛い


ジェルネイル
ジェルネイルとマニキュアってどう違うの?と思う人は多いかと思います。

実際、私もそう思っていました!

違いで一番感じるのはツヤとモチ。

マニキュアは簡単に塗ることが出来き、

落とすことも簡単です。

除光液で、サッと落とすことが出来ますがジェルは落とすのに少し時間がかかります。

しかし色の持ちはとても良い!

発色もジェルは良いです。

マニキュアは乾かすのに少し時間がかかりますが、ジェルの場合はUVライトで当てて硬化するのですぐに手先を使える事が出来るのがメリットです。

最近は自宅でジェルネイルが出来る、ジェルネイルキットも人気があります。

見た目はジェルネイルの方がぷっくりした感じで立体感がでて可愛い感じがしました。

好みにもよるかと思いますが、マットに仕上げたい人にはオススメです。

自宅でも出来るのでオススメのネイルアイテム。

自宅でジェルネイルしてみよう

セルフネイラーさんが増えている今、自宅でのジェルネイルは大人気。

通販でのネイルキットも格安で販売しています。

ネイルサロンにもUVライトは売っていますので興味ある人は、ネイリストさんに聞いてみると新商品を教えてもらえる可能性が高いですよ。

UVライト
事前準備


お家でジェルをする前に、必要なものを揃えておきましょう。

まずは事前準備から!

ジェルは事前準備も大事にしましょう。

そのままジェルを乗せてしまうと、浮いてくる可能性があります。

下準備に必要なモノ

  • エメリーボード(ファイル)
  • スポンジファイル
  • エタノール
  • コットン
  • スポンジファイル
  • ニッパー



エメリーボード・スポンジファイルを使って爪の長さを整え、爪表面をファイルで軽くサンディングします。

サンディング

凸凹にするとジェルの密着度が高まり、爪にジェルがつきやすくなります。

その後、コットンにエタノールを含ませ爪周りの油分を拭き取ります。

ニッパーで甘皮処理をします。(ニッパーは100均に売っていますが、無い時は綿棒などで押し上げても可)
ジェル添付する時に必要なもの

いよいよジェルを塗っていきましょう★

  • UVライト
  • ブラシ
  • ベースジェル
  • カラージェル
  • トップジェル
  • クレンザー
  • コットン

ジェルのメーカーによってはカラージェルの中にベースジェルとトップジェルがオールインワンになったものがあるので、面倒くさい人は1台3役のカラージェルがオススメです。

ブラシでジェルを取りベースジェル、カラージェル、トップジェルの順に塗っていきます。

カラーしたら、UVライトに当て2-3分おきます。
(ジェルまたはUVライトのメーカーのより変わります)

フリーエッジ
ジェルは硬化しますが、クレンザーで硬化しきれなかった未硬化ジェルを拭き取って下さい。

そのままにしておくと表面がベトベトします。

コットンにクレンザーを含ませて未硬化ジェルを拭き取ります。

一度目を塗る時にエッジ(先端部分)も塗ると剥がれにくいです。

一度目のジェルで10-20秒硬化し、2回目で20秒程硬化します。

ジェルの量は好みですが、厚すぎるのはNG。適量を守って下さい。

ジェルはマニキュアと較べて仕上がり時間がとても早いです。

*慣れないうちは、指一本ずつUVライトに入れていくと乾きやすいです。
(この時にワット数を確認すると失敗を防げます。)

UVライト

一本ずつだと時間はかかりますが、ジェルが流れる心配がアリません。

慣れてきたら、2-3本指をいれてライトに当ててみて下さい。

トップジェルを塗って、ライトに当てたら出来上がりです。

ぷっくりが可愛いジェルネイルはとても簡単。

マニキュアよりも立体感がありますね。

長持ちする点ではジェルネイルはオススメ!

オフの仕方も覚えてお家ネイルを楽しみましょう。
UVライト

ネイル・オフに必要なもの

  • リムーバー(ジェル用)
  • ファイル
  • コットン
  • アルミホイル
  • 保湿用のクリーム、オイル

ジェルネイルは除光液では落ちません。

マニキュアとは別物と思っておいたほうがいいですね。

ジェルネイルはオフに少し時間がかかります。

*時間に余裕のある時に行ってください。

ジェルネイルオフ

ファイルでジェル表面を軽く削ります。あまり強く削ると傷つくので注意して下さい。

ファイルで削る事によってリムーバーが浸透しやすくなります。

コットンにアルコール(ジェル専用リムーバー)を含ませ、アルミホイルで爪を包み込みます。

リムーバーがジェルに浸透するまで少し時間がかかるので、様子を見ながらがオススメです。

ジェルネイル剥がれる

少しずつ剥がれますが、決してベリっと剥がさない様にしましょう。

爪が割れる・傷める原因となります。

最後までリムーバーで落とし切る様にして爪表面・皮膚周りをクリームやキューティクルオイルなどで乾燥から守りましょう。

下準備も大切!甘皮処理してる?



ジェルネイルにはジェルを塗る前の下準備(プレパレーション)が大切となります。

下準備を怠って、ジェルをつけてしまうと、浮いてしまう原因の元になります。

甘皮は誰にでもあるもので、ネイルサロンに行かなくても自分でケア出来ます。

プッシャーで根元へ押し上げて爪の面積を大きくするようなイメージで甘皮処理しましょう。

ジェルを塗る際は皮膚につかないようにしてくださいね。

浮きが激しい人は甘皮の処理が不十分か皮膚にジェルがついている可能性が高いです。

皮膚に付いてしまうと浮きの原因になるので甘皮処理はジェルネイルでは必須です!

慣れないうちはマニキュアタイプがオススメ!

ジェルネイル、マニキュアタイプ
ジェルネイルは通常、ブラシでジェルをすくって爪表面に乗せますが慣れないうちはマニキュアタイプがオススメ。

マニキュアタイプはボトル式になっているので量を取りすぎる心配もなく、今までのマニキュアの如く使えます。

ジェルを塗る時のコツは薄くを意識して下さい。

厚塗りだとぼやけてしまい、ムラになってしまいます。

剥がせるタイプもアリ!


ジェルネイルをオフするのが面倒臭いという人向けに剥がせるタイプがあります。

ジェルネイルはステキですが外出先でいきなり剥がれたり、浮いてきたりのネイルトラブルは防げませんよね(汗)

剥がせるタイプだったら、サッとめくれて見た目も違和感なし。

めくれるタイプの最大のメリットはオフの時間が短縮出来るということです。

現在は少ないですが、これからどんどん大手メーカーからでてくると思います。

基本的にジェルは3週間ほど持ちます。

ジェルネイルはマニキュアよりも色の持ちはとても良いです。

乾燥には注意

乾燥
ジェルネイルをし、硬化し終わったら最後に保湿を忘れすに行って下さい。

乾燥していたら長持ちはしなく、爪トラブルの原因になります。

コマメな保湿が大事です。

UVライトで日焼けが気になる人はジェルをつける前の、日焼け対策が決めてとなります。

ジェルネイルを使用する時は、必ず日焼け止めを塗りましょう。

PA値が高いのがオススメです。

ジェルネイルを選ぶ時のポイントはUNライトに対応しているか?LEDライトに対応しているか?も重要になってきます。

両方対応しているジェルネイルもありますが、通販で購入する場合はよく見てから買わないと、硬化しないので注意しましょう。

もっとかわいくなりたい! おすすめページ

出勤スタイルで困ってるなら★

友達はしってる?誰にも内緒で可愛くなる★

まとめ

いかがでしたか。ジェルネイルはマニキュアとは違った魅力がありライトに当てないと硬化しないので、不器用な人でもネイルアートが楽しめます。

ジェルネイルを始める際は必ず、UVライトかLEDライトが必要になります。

通販で格安で購入できるので、自宅でセルフジェルネイルを始めてみましょう。

ジェルの最大のメリットは色の持ちとツヤ。

アートを自分で楽しめるなんてステキですね。

お家でネイルスキルを磨きましょう!

The following two tabs change content below.
aik0
aik0
美容&100均ハッカー。 主に美容向けの記事を書く。 日々、為になる情報をお届けしていきたいとおもいます。 最新の美容法や生活のちょっとしたナゾなど皆さんが「おおっ」となるような美容ライフを、随時紹介していきます。