プロパンガスのイメージというと、料金が高いというイメージがありますが、本当に料金が高いのか?
このページでは、プロパンガスのメリットとデメリットを見ていきたいと思います。

プロパンガスのメリット

まずはプロパンガスのメリットから見てみましょう。

プロパンガス

1.発熱量(火力)が強い

発熱量が都市ガスの約2倍あります。

直火での火力が強く、同じ大きさの炎を作るのにガス量が少なくて済むんです。

よく飲食店などでガスボンベを見かけますが、直火が強いからなのかもしれませんね。

2.災害時に復旧が早い

地震の多い日本にとって、震災時のエネルギー復旧は深刻な問題です。

震災時には、1週間~1ヶ月で復旧したプロパンガス。

都市ガスは震災時の復旧に1ヶ月~半年以上を必要とします。

災害時の復旧は、プロパンガスが圧倒的に早いんです。

3.地方などでも使用できる

地下にガスの配管がある都市ガスは、配管が通っていないと使用できないので地域が限られてしまいます。

でもプロパンガスは、ガスボンベにガスを充填して運びます。

持ち運びができるプロパンガスは、小さな村などガス管の通っていない地域でも使用することができるのは便利です。^_^

4.値段交渉が出来る

プロパンガスは自由価格制なので値段交渉ができます。

一戸建ての場合、各家庭ごとの契約なので値段交渉がしやすいのに対して、アパートなどの賃貸住宅の場合、オーナーがプロパンガス会社と契約しているので個人での交渉は難しくなります。

まずはオーナーに了承を得てからになりますし、1戸だけ料金を下げることはほぼ不可能でしょう。

5.初期費用が安い

都市ガスは、地下に配管があるので大規模な工事が必要になる場合が多いんです。

埋設具合や敷地内までの距離などの状況によりますが、15万~150万前後かかる場合もあります。

その点プロパンガスは、設置費などの初期費用はかからないんです。

0円ということになります。

でも無料というほど怖いものはないと思ってしまう私…。

これにはカラクリがあって、設備費などの初期費用は、毎月のガス代にプラスされて支払っています。

初期費用だけみれば無料です。(^_^;)

6.プロパンガス会社を自由に選べる(※一戸建ての場合のみ)

住まいが一戸建てなら、料金の安いプロパン会社に乗り換えられます。

賃貸住宅の場合は、プロパンガス会社とオーナーが契約しているので自由に選ぶことはできません。

もしどうしてもプロパンガス会社を変更したい場合は、オーナーや他の住人との話し合いが必要になってくるでしょう。

7.環境にもからだにも優しい

近年、地球温暖化は深刻な問題のひとつですよね。

今年は例年になく寒~い日が続いてます。

プロパンガスは、地球温暖化の原因と言われている二酸化炭素の排出量が他のエネルギーに比べ少なく、有害物質もほとんど含みません。

環境問題を考えると、石油や石炭に比べクリーンなエネルギーであるプロパンガスは、体にも優しいエネルギーなんですね。

8.専用器具がほぼ同じ

プロパンガスを使用するための器具は日本全国でほぼ同じです。

LPガス用と表示されていれば、ほぼ使用することができます。

9.プロパンガス会社によっては都市ガスよりも安い?!

極稀にですが、都市ガスよりも安いプロパンガス会社もあるようです。

地域などによっても料金は違ってくるので、自分の住んでいる地域の相場を確認しておくといいですね。

プロパンガス料金はこちら

プロパンガスのデメリット

プロパンガスのデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

プロパンガス,デメリット

1.都市ガスに比べて料金が高い

プロパンガスのデメリットといったらこれしかないでしょう、と思われる人もいるかもしれません。

そうです、料金が高いことです。

地下の配管を通って配給される都市ガスに比べ、プロパンガスはガスボンベに充填して運ばれるのでその人件費や運送費、

設備費などにお金がかかってしまうんですね。

プロパンガスは自由価格制です。

そのため、業者によっては料金を高く設定している場合もあるんです。

プロパンガス消費者センターでは、適正価格なら都市ガスと同じような料金だと言われているんですよ…

あまりにも毎月のガス料金が高いようなら、他のプロパンガス会社と比較してみるべきです。

2.原料の高騰などによる値上げ

ガスの原料が高騰してしばらくすると、ガス料金が値上げされます。

悪徳業者の場合、何の通達もなく勝手に値上げされている時もあるようなので、毎月のガス料金は必ず確認したほうが良さそうですね。

その後原料価格が下がっても、簡単に値下げされることはありません。

3.プロパンガス会社の変更が難しい

一戸建てに住んでいる場合、プロパンガス会社との直接契約なので、料金に不満があればプロパンガス会社を変更できます。

でも賃貸に住んでいる場合、直接契約をしているわけではなく、家主がガス会社と契約をしているため、変更することは難しいでしょう。

4.ボンベが邪魔

意外に場所をとるのが、プロパンガスのガスボンベです。

ガスボンベ、大きいですもんね。

一戸建ての場合、このボンベがなくなればその場所を他のことに有効活用できるのに…

と思っている人もいるのではないでしょうか。(^_^;)

プロパンガスから都市ガスに変える時の注意点

プロパンガス、注意点

どう考えてもプロパンガスの料金が高い!

ガスボンベも場所を取るし、都市ガスに変えたい!

と思っている人も多いと思いますが、

プロパンガスから都市ガスに変える時の注意点がいくつかあります。

都市ガスにする際の工事費

自宅前まで配管が通って許可がでているのか、そうでないかで工事費は大きく変わってきます。

通っていない場合、許可申請も行うことになります。

許可申請…と聞くだけで面倒くさそうと思ってしまう私です…(*_*)

配管工事費用が数万円で済むところが、数百万円にもなる場合もあるので、しっかりと見積もりを取りましょう。

使いすぎていないかチェックする

ガス料金が高いなぁーと思ったら、実は基本料金などはそんなに高くないのに、単に自分がガスを使いすぎている…なんてこともあるかもしれません。

業者にクレーム電話をして、「あなたが使いすぎているだけですよ」と言われて納得した人もいるようです。(~_~;)

お風呂の設定温度を1度変えるだけでも節約はできるので、ガス料金が高いな?と思ったら、まずは日々の生活を見直してみましょう。(^^)

今よりも安いプロパンガスの会社があるかもしれない!?

都市ガスの自由化は2017年4月から始まりましたが、プロパンガスはずっと自由化産業なんです。

もしかしたら、今使っているプロパンガス会社が、驚きの価格設定をしているかもしれません。

知らないで高額なガス料金をずっと支払っていたなんてことがあったら…悲しいを通り越して悔しくなります。(;_;)

都市ガスへの変更を検討する前に、まずは今のガス料金が適正価格なのかどうか調べてみることをおすすめします。

プロパンガス料金はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
子育てママ
子育てママ
1児の愛娘を育てながらブログ活動をしている現役ママです。皆さんの参考になるブログサイトを目指して日々更新中です♪