年賀状作りはどっちが安いのか?

年賀状は自分で作ったほうが安いのか?
ネット注文サイトに頼んだほうが安いのか?
できるならより安く作りたいな~と思ったので、どちらの方法が安いのか比較してみました!
※ このサイトの料金はあくまで目安なので、ご自身の状況に当てはめながらご検討ください。

白黒年賀状を30枚作る場合として、初めて自分で年賀状を作るAさん、年賀状製作ソフトを持っているので今年も自分で作るBさん、年賀状のネット注文サイトで作るCさんと想定して、誰が安いのか見ていきたいと思います。
年賀状,安い

スポンサードリンク




Aさんの場合

初めて自分で年賀状を作るAさんは、プリンターもないのでプリンターも購入するとなると、必要費用がちょっとかかりますね。
でも年賀状製作ソフトは1度購入してしまえば、来年も使うことが出来るので初期投資と思うしかありません。
プリンターは購入しないで、印刷だけをコンビニなどですることもできますが、データにしたり、コンビニまで行かなければならないので、お金の代わりに時間を取られることになります。

必要費用は、合計13,060円

・はがき代 1,560円(52円✕30枚)
・年賀状製作ソフト 筆ぐるめ:3,500円
・プリンター 8,000円

必要時間は、約6~7時間

・はがきを買いに行く
・年賀状制作ソフトを選ぶ
・プリンターも選ぶ
・デザインをネットなどで探す
・自分で30枚の年賀状を印刷する

Bさんの場合

去年に引き続き自分で年賀状を作るBさんは、年賀状製作ソフトを買う必要がない分、費用はグンと安くなります。
インクが十分にあってそのまま印刷できれば、インク代の1,300円が浮くので、はがき代の1,560円しかかからないことになり、かなりの格安感です。
さらに、年賀状作りにかかる時間もAさんの半分以下の時間ですみそうですね。
でも、インク代の値段も幅があるので、購入するインクによってはもっとお金がかかります。

必要費用は、合計2,860円

・はがき代 1,560円(52円✕30枚)
・(運が悪ければ)インク代 1,300円

必要時間は、約2~3時間

・はがきを買いに行く
・デザインをネットなどで探す
・自分で30枚の年賀状を印刷する

Cさんの場合

年賀状のネット注文サイトで年賀状を作るCさんは、早期割引などを使うと安く押さえることができますね。
あとはデザインさえ決まっていれば、あっという間に年賀状作りが終わってしまいます。

必要費用は、合計3,030円

・はがき代 1,560円(52円✕30枚)
・年賀状印刷料金54%OFF適用済 1,362円
・消費税 108円

必要時間は、約1時間

・ネット注文サイトでデザインを決めて注文する

究極の選択?!お金を取るか、時間を取るか

年賀状,忙しい

年賀状作りの3パターンを比較してみましたが、Aさんのようにプリンターを買う場合は別として、金額よりも年賀状を製作する時間に差がでます。
慣れない年賀状製作ソフトを使って作るとなると、かなりの時間を必要とするのは目に見えています。
印刷の仕上がりにも違いがでます。
自宅のプリンターだと失敗したり、インクが滲んだりする可能性がありますが、ネット注文サイトに頼めば高品質で綺麗な印刷に仕上がります。

豊富なデザインの中から、お気に入りのデザインを選ぶのも意外と時間がかかるものです。
ネット注文サイトなら、年賀はがきを買いに行く手間も省けるので、大幅な時間短縮が可能ですね。
しかも年賀状の投函サービスも注文できるので、お金は多少かかりますが、とにかく楽をしたい人や時間のない人にはオススメです。(^_^)

まとめ

年末は年賀状以外にもやることが沢山ありますね。
大掃除もしなくちゃいけないし、忘年会にも参加したい、今年は年末旅行に行くなど何かとザワザワする時期です。
となると、かかるお金も1,000円~1,500円位しか変わらない無料サイトよりも、デザイン数も豊富で楽チンな年賀状ネット注文サイトがオススメです。

気になるネット注文サイトをご紹介しますので、良かったら参考にしてください。