髪の毛を早く伸ばしたい時にすること

髪伸ばす(画像)
美容院でカットしてもらっても思い通りにいかないとテンションはガタ落ち。。

アレンジしたり、帽子かぶったりごまかしは効きますが早く髪の毛は伸ばしたいですよね。

髪の毛が伸びる速さは1ヶ月に1センチ。(加齢により伸びる速度はおそくなります)

ショートにするのは覚悟は必要・・? 

今回は髪の毛を早く伸ばすコツをご紹介!

◆頭皮マッサージをする


指の腹で頭皮を刺激すると、血行がよくなり髪の伸びが早くなります。

頭皮を指の腹でトントンと叩くイメージで時間がある時にするよう意識すると大分違いが出てきます。

頭は常に柔らかくしておくのが大事。 

仕事中もモミモミしておくのを忘れないで。

ポイントは指を離す時にゆっくり離すこと。(押す時よりも離す時!)

家の中でのマッサージは円を描くようなマッサージがオススメ!

頭皮マッサージは血行促進効果だけでなく頭のコリ解消にもなるので、毎日の終わりにやりたいマッサージですよね!

頭がポカポカしてくると毛根全体栄養がいきわたり、髪の毛にツヤがでてきます。

*必ず清潔な手で行って下さい。

マッサージをすることによって皮脂の汚れや詰まりを落として、頭皮が育ちやすい環境をつくってあげることが頭皮マッサージの目的です。

*無理に力を入れ過ぎると、頭皮を傷つけてしまいます。
 気持ちいいな~と感じるくらいで大丈夫です。(長時間のマッサージは避けましょう)

◆育毛剤・サプリメントを使う


外部と内部のダブルパンチでケアしてあげるのも手です。

発毛効果のある育毛剤を使うのもok! 髪の毛には毛周期(ヘアサイクル)があり、なかなか生えてこない原因はヘアサイクルが乱れているからかもしれません。

ヘアサイクルが乱れていると、髪の伸びは遅くなります。

亜鉛は効く?

育毛に必要な栄養素はタンパク質と亜鉛。

亜鉛の主な働きはタンパク質の合成。

しかし不足しやすいミネラルでもあります。

キレイな髪の毛を作り出します。

亜鉛が体内から不足すると髪がパサパサになってしまったり、薄毛の原因になってしまうことも・・。

亜鉛はストレスや疲労で消費してしまう為、食事やサプリメントで補うことが必要です。

髪の毛を伸ばす為のサプリメントを購入する時は、亜鉛が入っているサプリメントか亜鉛単品のサプリメントがオススメ。

食べ物でいうと・・

・チーズ
・レバー
・そば
・かき
・豚肉

 
などです。

食事の中に取り入れましょう。

◆鉄分を取る


女性は鉄分が不足しがち。。貧血になりやすいですよね(泣)

実は髪の毛にも鉄分必要不可欠なんです!

極度なダイエットをしていると鉄分不足で身体もボロボロになってしまいます。。

髪の毛がボサボサにならないうちにヘアケアに気をつけて。

頭皮が硬い、ボリュームが少ない・・という方は要注意。  

鉄分の入った食材を取り入れよう!

・レバー
・かつお
・ゴーヤ
・ブロッコリー
・小松菜

などです。

特に生理前は貧血になりやすいので積極的に取ってください。

◆髪に潤いを与える


髪伸ばす(画像)
最低でも1日に水分を1.5リットルは飲んで髪の水分を保って下さい。

髪の乾燥はパサつく原因の元!キケンです(泣)

トリートメントで髪の毛に潤いを与えてダメージヘアにさよならしましょ。

季節の変わり目などはタオルドライ
で髪を包むのもオススメ!
(*タオルドライ=濡れた髪にタオルを巻いて保湿します。)

タオルドライは保湿効果に優れているので、洗い流さないトリートメントをした後でも活用できます。

乾燥が気になる方は、早速はじめてみてください。

髪の毛はドライヤー必須

タオルドライは濡れた髪の毛にタオルを巻いて髪に潤いを与えること。

数分たったら、ドライヤーで必ず乾かして下さい。自然乾燥は髪の毛が傷み、パサパサの原因に・・。

美髪の秘訣はアフターケアにあります。

ゴシゴシと髪の毛を擦るのは摩擦が生じるのでNG!ドライヤーは30センチくらい離して乾かして下さい。

◆ストレス発散する


  
髪伸ばす(画像)
ストレスが溜まると血行が悪くなり栄養状態が悪化します。

休日はストレス発散をしましょう。

意外にもストレスと髪の成長はとても大切。

メカニズム的にはストレスにより血行が悪くなって、栄養が行き届かなくなり伸びが遅くなる、ということ。

ストレスフルな生活を送っている方は生活も見直してみて。

半身浴やジョギングは気軽に出来、ストレス発散にオススメですよ。

半身浴中には頭皮マッサージも忘れずに行いましょう。

髪の毛ってなんで出来てるの?

髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質です。

ケラチンタンパク質といい、このタンパク質は18種類のアミノ酸から作られています。アミノ酸系シャンプーってCMで耳にしますね。

髪に近い成分ということだったんですね。

髪の毛は1つの毛穴から2-3本生えています。

日本人の髪は太くてしっかりしているのが特徴的ですね。

ワカメは効くの?

よくワカメは髪にいいと聞いた事ありませんか。 ワカメを食べると髪の毛が黒くなるとか、太くなるとか・・俗にいう都市伝説の様な。。

ワカメを食べれば髪の毛の伸びは、早まるのでしょうか。

そもそもワカメは海藻類。

海藻にはミネラルが豊富に含まれています。

食物繊維にも優れていてダイエットには強い味方です。

カリウムがとても多く入っていてむくみ防止効果もアリです、サラダにして頂きましょう。

ワカメやひじき等の海藻類が髪に良いと言われているのは、ミネラルが豊富に含まれているから。

特にワカメだけが髪に良いというわけではありません。

海藻に含まれるヨードやミネラルが髪の発育を助けてくれます。

海藻類全般、ミネラルが豊富なのでタンパク質と一緒に取る事で良質な髪の源にはなりますが、ワカメが髪に良いと言われているのは見た目が髪の毛に似ているという都市伝説に近いものの様です。

バランスの良い食事を心がけましょう。

髪の毛の99%は18種類のアミノ酸から出来ていて、ミネラルを取りすぎるのも逆効果!

ストレスはNG!

ストレスは全てに影響を及ぼします。

二日酔いの翌日は、身体から水分が抜けて乾燥した状態になっています。

ストレスによって乾燥状態が悪化したりバリア機能の低下で髪も肌もボロボロになんてならない様、気をつけましょう。

少し大げさですが、ストレスは髪トラブルの大きな要因です。

なき子ちゃん

ストレスは最大の敵! 

ストレスでターンオーバーが狂ってしまうことも・・。

ターンオーバーの周期は28日間!!

伸ばしたい時はカラーはやめておこう

伸ばしている最中は明るいカラーや、パーマはできるだけ避けるようにしましょう。

髪の毛にダメージを与えてしまう結果となり、伸びが遅くなります。

それでも根元が黒くなってきた・・プリンが目立つ(泣)という方はなるべく髪の毛全体をカラーするのではなく、リタッチオススメです。

根元だけ染めるなら負担も軽減できます。

カラーの中でもブリーチやアッシュなどは伸ばしている最中は控えときましょう。髪の毛全体を染めてしまうと、髪が細くなりがち。

出来るだけ髪を傷めないようにしましょう。

伸ばしている事は美容師さんに伝えよう!

髪の毛を伸ばしている期間でも美容院に行くことはありますよね。

その時は是非美容師さんに相談してみましょう。

美容師さんによって、どうカットするか変わるかもしれません。

「今伸ばしているんですけど・・」の一言があるのでは、美容師さん自体も頭の中でイメージが付くはず。

1ヶ月後どんな状態になっているかでカットしています。

伸ばしていることは伝えておきましょう。また行く予定がない人でも毛先を揃えるだけで、キレイな長さに伸びるので3ヶ月に1度程度はカットするようしておきましょう。

美容院に行ったついでに自分の髪質や伸び方などについて聞いてみると、その人に合ったアドバイスをしてくれます。

髪の伸び方は人それぞれ。毛根細胞が元気じゃないと伸びは遅くなってしまいます。

髪の毛にいい栄養素

  • 亜鉛
  • イソフラボン
  • ビタミンC
  • ビタミンB郡
  • ビタミンE
  • タンパク質

*イソフラボンには女性ホルモンを整えてくれる働きがあるので、薄毛予防妊娠後の髪の毛を強くしてくれます。豆乳などを日々、摂取しておくといいですね。

 髪の毛に必要な栄養は「タンパク質、ミネラル、各種ビタミン」です。

バランスの良い食事は大切ですが、髪の毛のほとんどがタンパク質。

タンパク質が不足すると、髪が細くなったり白髪トラブルにもなってしまいます。

各種ビタミンと一緒に摂取してしなやかな髪を手に入れましょう。

特に、アルコールやタバコを吸う方はビタミン類は通常よりも多めに取って。

ミネラルは体内では作り出すことができないので鉄分、亜鉛、カルシウムなどは食事から取るようにしましょう。

髪伸ばす(画像)

まとめ

いかがでしたか。

髪を伸ばす方法は簡単ではありませんが、適度な運動と栄養バランスを心がけてください。

乾燥させない為にも日々のトリートメントが大事です。

また紫外線防止対策も効果的。日差しの強い日には帽子をかぶってお出かけしてみて。

もし間違って髪の毛を切りすぎてしまったら、毛先だけ美容院でカットしてもらいストレスレスの生活を送りましょう!

The following two tabs change content below.
aik0
aik0
美容&100均ハッカー。 主に美容向けの記事を書く。 日々、為になる情報をお届けしていきたいとおもいます。 最新の美容法や生活のちょっとしたナゾなど皆さんが「おおっ」となるような美容ライフを、随時紹介していきます。