MENU

ネイル検定取りたい!独学でとれるのか?

目指せネイリスト!ネイル検定は難しい?

もっと技術を磨きたい。。

ネイルが好きで、最初は趣味でしていたネイルを仕事にしたい!

念願のネイリストのなりたい、と思い立ったらネイル検定を取りましょう。

ネイル好きなら一度は聞いたことがあるJNEの「ネイリスト技能検定」。  

俗に言うネイル検定です

INAとJNEネイル検定がありますが、現在はJNEを受験される人が多い様です。

ジェルネイル中心に学びたい人はINAがやっている「ジェルネイル技能検定」を受けると周りからの信頼もアップします。

ネイルの資格は、知名度の高さから人気がありますね。

ネイル検定は筆記試験もありますが、なによりもサービスと技術。

受験に必要なのは、地道な努力かも・・?

今回はネイル検定について調べてみました。

◆憧れの職業ネイリストを知ろう!




様々なテクニックが必要とされるネイリストは技術と知識が大事。

ここ最近は憧れの職業と言われていますよね。

すっかり定着してきたネイリストの職業ですが、仕事に就く人はネイルサロン、結婚式場、独立、エステサロン・・その道は幅広くネイル検定を取得しておくと将来の道は広がります。

給料は勤務地により、まちまちですが月16~19万円程です。

ネイリストは爪、ネイルの専門家。衛生面も学びます。

オシャレの最先端をいくネイリストは女性達の憧れの職業です。

本気で勉強すれば「ネイル講師」の道もありますよ。

◆開業したいなら断然オススメの資格


将来はネイリストのなって独立開業したいと思っている人は是非とっておいた方がいい資格です。

独立開業はサロンで働くよりも融通が効くのでお子さんがいたり、副業にしたりと自宅でネイルサロンはもはや女性に大人気ですね。

女性オーナーなんて憧れます。

そんな独立の夢ですが実はネイリストには国家資格はありません。

ネイリストとは国家資格では無いため、極端な話すぐに開業できますが技術がなければお客さんは付いてきませんしプロとは言えないですよね(泣)

ネイル検定は民間資格です。

ネイルに関する資格があるのと無いのではお客様からの信頼度が全く違います。

将来独立を目指している人はネイル検定を取得すると世間からの信用度がグンとアップします。

何級を取っておけば有利なのか

ネイル検定は何級を取っておいた方が良いのでしょうか?

どの資格もそうですが、資格試験は何級を取るかで迷ったりしませんか。

ネイル検定にも3級、2級、1級とあるんです。

3級の合格には基本的なネイルの知識、ケア、ネイルアートに関する技術。

2級はサロンワークで通用するレベルのネイルケア、アート、リペア&ラップ、技術。

1級はトップレベルのネイリストとして必要な総合的技術。

(ネイルサロンで働きたいなら2級は取っておきましょう。)

2級の合格率は?



せっかくとるなら2級を取りたい。

でも難しそう。そうなんです・・やっぱりネイル検定2級は侮れない。。

2級の合格率はなんと30%台・・。

意外に難しいのがネイリスト技能検定。

それもそのはず。この検定に受かればプロとして認められたようなもの。

しかも2級には条件があり3級に受かっていないと受験できなくなっています。

3級は義務教育を終えたら誰でも受験可能で、ネイルの基本的な知識をマスターしているかどうかの試験です。

3級に受かったからと言って、2級にスムーズに合格するかと思ったら大間違い。

2級は専門的な事を学びます。

細かいところまでチェックが入るのがサロンワークです。

3級の合格率は60%と比較的穏やかです。

こう見ると、2級の合格率30%台とは半分近く不合格!?

かなりの練習が必要そう・・。

2級の場合は手際、順番をよく把握しておきましょう。

試験内容は?



試験会場は・2級・3級共に札幌・盛岡・仙台・東京・名古屋・新潟・金沢・大阪・広島・高松・福岡・沖縄にて開催します。

2級ではケア、アートの仕上がりも当たり前ですが工程を大事にします。

2級は筆記試験もあり知識も必要。

その他、実技では正しい甘皮処理、ネイルアート、リペアなど時間も長くなるのでメンタル的な部分も必要だと思って下さい。

カラーリングは赤を使用します。

時間配分にも気をつけ時間に余裕をもっておき、見直しの時間を心がけるようにしましょう。

自分がなにが苦手なのか理解して練習しておくと合格しやすいですね。

*アクセサリー類は外してあるかもチェックされます。

INEとJNEで少し異なりますが、年に数回開催されるので今回タイミングが合わなくても何回かチャレンジしてみるといいです。

筆記試験のみに合格し、実技のみで不合格になった場合は、筆記試験を飛ばして実技のみを受験することが可能です。
ただ、反対に実技だけ合格したとしても実技を飛ばして筆記のみ受験するということは出来ません。

筆記試験と実技試験の2つに合格しなければいけないネイル検定は難易度高いですが魅力的。

これに合格したらかなり自慢できそう。

発表方法は?

発表方法は郵送かwebでの確認になります。

発表当日はかなりHPが混むことが予想されます。

また受験番号も必要となりますので、事前に控えておいて下さい。

合否判定までには1ヶ月少しかかると言われています。

独学かスクールか

取得するには独学では無理なのでしょうか。

2級はサロンに出ても困らない知識を要されます。

3級に合格していないと受けれないので、独学だと無料セミナーや本、中古のDVDなどを購入するなどの工夫が必要です。

時間とお金に余裕があるならスクールでもいいかもしれません。

ネイル検定は年に1度というわけでは無いので、主婦の方や働いている方は独学で自分のペースで学ぶというのもいいですね。

独学での難点はモデル探し。

ネイル検定にはモデルが必要になります。

身内や知り合いを当たって、ネイル試験に理解のある人にモデルになってもらいましょう。

独学のメリットは?



独学の良いところは何と言っても時間の自由が効くところ。

特にネイル検定は年に数回行われているので、仕事が忙しい人にとっては自分のペースで学ぶ事が出来ます。

費用も懐の範囲内で収めることができ、それなりに融通も効くのでお子さんがいるママに独学法は人気です。

2級は難しくなるので単発や短期のセミナーに通う事をすすめますがそれ意外は教材やDVDで独学可能。

カリキュラムを組んで苦手分野を知るのもいいですね。

独学だと自分の好きな教材やネイルの色を揃えられるのも嬉しいですよね。友達と交換するのも楽しそう。

スクールだと・・

独学の反対にスクールだと講師やスクールが全て揃えてくれます。

お金に余裕があったり、土日休みが取れる人はスクールがオススメ。

基本的にスクールは週末か平日の夜に多いです。

料金とコースはバラバラなので自分に合った学校を選びましょう。

独学と違って心細く無いのがいいところ。

雑学やネイルに対する、自分のクセも知ることが出来き講師との相性が良かったらスクールはオススメの場所です。

独学では自信ないという人には、スクールに通いましょう!

金銭的に厳しいと思う人は、通信スクールもオススメ。

月謝制にすればそんなに負担無いはず。

通信講座によってバラつきがあるので資料取り寄せてみると良いかも。

まとめ

いかがでしたか。資格取得は大変ですが、それなりの報酬とメリット、感動があります。ネイルの場合は資格が無くても働けますが、現在は人気職なのであった方が断然有利と言えます。

まずは3級を目指し、正しいネイルケアの仕方を学びましょう。

意外と知らなかったりします(汗)

人をキレイにする仕事は自分も磨かれますね。

手に職をつけて、美しいネイリストを目指しましょう。