ノンシリコンシャンプーとは?

シャンプーノンシリコン(画像)
CMでも一気に見かける様になったノンシリコンシャンプー。

髪の毛がサラツヤになれると、注目のシャンプーですが本当に良いのでしょうか。

ノンシリコンとは名前の通りシリコンが含まれていないシャンプーの事を言いますが、「シリコンは髪に悪いの?」と思ってしまいます。

今回はそんなノンシリコンシャンプーに対する疑問をまとめてみました。

ノンシリコンの疑問を解決してサラツヤ髪をゲットしましょう!

ノンシリコンの効果はどうなの

よく耳にする様になった「ノンシリコンシャンプー」使っていればなんとなく髪の毛がキレイになるんじゃないかな・・と思ってしまいがち。

ノンシリコンだからオススメです!の一言で購入してしまう人も多いと思います。

ノンシリコンシャンプーの特徴はコーティング剤の「シリコン」が入っていないこと。

シリコンは髪の毛をコーティングしてくれ、見た目をツヤツヤにしてくれます。

ノンシリコンシャンプーのイメージは洗いあがりも爽やかな感じがしますが、シリコン配合のシャンプーとどうちがうのでしょうか。

ここ数年、ノンシリコンが注目され始め大手メーカーからも続々と新ブランドが出ていますね。

ノンシリコンは頭皮に優しく安全性の高いシャンプーとして注目を集めています。

またノンシリコンはカラーやパーマ液も浸透しやすいことから人気となりました。

頭皮環境を気にする方はノンシリコンがオススメ。

頭皮トラブルは地肌の乾燥によって起こるものです。

フケやかゆみ・・が気になったらノンシリコンを使ってみるのもいいですね。

ノンシリコンの見分け方は・・

シャンプーを購入する際は必ず裏の成分表を見てから買うようにしましょう。

シャンプーが合わなくて、頭皮に炎症が起こってしまうこともまれにありますが(泣)成分に気をつけていれば避けられますね。

シャンプーを買う時は裏に記載されている成分表を見るように心がけましょう。

・・シリコン成分とは主に・・

・ジメチコン
・シクロメチコン
・シロキサン
・シリカ
・シラン

の1つでも入っていたらシリコン成分配合というカテゴリーになります。

◆シリコン=駄目?


 

ではシリコンは髪にとって不必要なものなのでしょうか。。

シリコンが入っていると指通りがなめらかになり、キレイな仕上がりになります。

化粧品やパックにも使われており、決して悪い成分というわけではありません。

シリコンはキューティクルを保護してくれる役割があり、ドライヤーやアイロンからも保護してくれます。

実は外からの刺激を守ってくれる強い味方。

頼もしいですね。
シャンプーノンシリコン(画像)
しかもシリコンシャンプーはノンシリコンシャンプーと比べると安価で手に入るんです。

シリコンが入っているか否かで選ぶのはナンセンス!

しかし、頭皮が敏感な方は炎症を起こしてしまったりとトラブルもあります。

敏感肌の方はノンシリコンシャンプーを使うといいです。

今までシリコンシャンプーが市場に出回っていましたが、カラーする人が増えノンシリコンシャンプーが人気となりました。

シリコンとは「ケイ素」を意味します。

シリコンシャンプーを選ぶ際は頭皮に優しい、アミノ酸系シャンプーがオススメです。

石油由来のシャンプーと比べると、髪への負担が少ないので洗い上がりのごわつき感がなく、ごわつき感がありません。

アミノ酸系シャンプーは少し値は張りますが、シリコンシャンプーなら安価で手に入るので安心!

いろんなシャンプーを試してお気に入りを見つけましょう。

今ではシリコンは悪者のイメージになってしまいましたが、シャンプーは髪質やヘアスタイルによって使い分ける事が大事です。

しっとりと髪の毛をまとめたい時は、シリコンシャンプーがオススメです。

シリコンシャンプーを使うと、頭皮の毛穴が詰まる!というイメージをもたれている方もいると思いますが、それは全くのデマです。

シリコンは身体に無害なものであり、安全性の高い物質。

すすぎにかける時間を十分にかければ、サラツヤの髪が手に入ります。

ノンシリコン・デメリットは!?

ノンシリコンシャンプーを使っていると髪がきしみやすくなる可能性があります。
(トリートメントは必ず行いましょう)

コーティング剤が使われていない為、手触りがきしんでいる感じになります。

カラーやパーマは浸透しやすいですが、その分色落ちも早いのが特徴です。

またアイロンなどの熱に弱いので、ヘアアレンジなどをコマメにされる方はトリートメントを忘れずに行い、アレンジした日だけはシリコンシャンプーを使用するなど自分で決めておくと髪の毛を傷めずに済みます。

◆あなたはどっち派ノンシリコンorシリコン?


ノンシリコンシャンプー(画像)
どちらも魅力的な成分が入ったシャンプーですが、長所と短所を踏まえた上で選んでみましょう。

口コミで選んでしまうのはNG!シャンプーは自分の髪質やその時の状況で使い分けましょう。

ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプー、どちらが髪質に合っていますか。

比較してみましょう!

ノンシリコンシャンプーが向いている人

 


  • 髪の量が少ない
  • 洗い上がりはサッパリがいい
  • 髪のボリュームを出したい
  • 頭皮の乾燥が気になる
  • 頭皮トラブル・アレルギーが気になる
シリコンシャンプーが向いている人

 


  • 髪が黒くしっかりしてる人
  • ヘアアイロン・ヘアアレンジをよくする人
  • 整髪料をつける人
  • ロングヘアの人
  • 髪が広がりやすい人



以上の特徴から上手に2種類のシャンプーを使いこなしましょう!

ヘアアレンジやワックスを良く使う方や家族がいる方は2種類購入しても良さそうですね。

トリートメントもノンシリコンorシリコン?



シャンプー成分(画像)


シャンプーにノンシリコンが存在すればトリートメントにもノンシリコンが存在します。

ノンシリコントリートメントは髪に優しく本来の髪の美しさを取り戻してくれるのでオススメです。

髪の健康を考えたら、トリートメントもノンシリコンにするのがベストですがシリコン配合より少し高め。

¥1500~で通販サイトに多くあります。

ノンシリコンシャンプーを使ったからと言って、トリートメントもノンシリコンにしなくてはいけないというわけではありません。

ノンシリコンシャンプー+通常のトリートメント=問題ありません。

ノンシリコンでもシリコン配合でもトリートメントの目的は髪を乾燥から守り、油分で包んでくれること。

決して、頭皮に直接つけてしまわないよう注意してください。

ノンシリコンシャンプーだけでトリートメントはしない!なんてことは避けたいですね。

髪の毛がキシキシになってしまいます(泣)

また、

髪の毛が傷んでいる時は洗い流さないタイプのトリートメントを使うと補修効果が高いです。

◆シャンプーに大事なのは洗浄成分!


シャンプー購入の際に気をつけたいのが、洗浄成分です。

せっかくノンシリコンタイプを選んでも洗浄成分が悪かったら、髪の毛は傷んでしまいます。

表示成分をきちんと見て選びましょう。

洗浄成分で洗い上がりは随分とかわります。気をつけたいのがラウレス硫酸系という成分。

界面活性剤であるラウレス硫酸系は、市販のシャンプーに使用されていることがあり洗浄力が高く泡立ちも良いのですが刺激が強いのでダメージヘアの原因になってしまいます。

頭皮への刺激が強いと、フケやかゆみの原因となり炎症を起こしてしまいます。

しかし界面活性剤は洗浄成分です。

高級アルコール系シャンプーにはいっており、さっぱりした洗い上りで男性の方にも人気です。

ラウレス硫酸系が入っていると聞くとどうしても地肌に影響があるのでは・・と思われる方もいるはずです。

少なからず負担はありますが、すすぎの時間をいつもより多くしてあげることで大分違います。

またアミノ酸系シャンプーで落としきれない汚れなどは、洗浄成分の強いシャンプーで洗うなど工夫が必要です。

どちらにしろ、洗い残しはNG。

ご自分の好みの香りやテクスチャーで選ぶのもあり。

まとめ

いかがでしたか。ノンシリコンシャンプーにも色々と種類があり、自分にあったシャンプー選びが大切です。

敏感肌の方は表示成分に気をつけ、なるべく天然由来シャンプーを使うと頭皮への負担が少ないです。

シリコンは決して悪者ではなくノンシリコンが髪に優しいということだったんですね。

シャンプーを選ぶ時は自分の髪質と相談してから購入しましょう。

The following two tabs change content below.
aik0
aik0
美容&100均ハッカー。 主に美容向けの記事を書く。 日々、為になる情報をお届けしていきたいとおもいます。 最新の美容法や生活のちょっとしたナゾなど皆さんが「おおっ」となるような美容ライフを、随時紹介していきます。